カテゴリー:別れ話と復縁の記事一覧

ノンの復縁レシピ

最高の復縁をあなたにも体験して欲しい~元カレに会う日まで今すぐ使える「魔法の言葉」すべて教えます。

カテゴリー:別れ話と復縁

コロナと遠距離恋愛

コロナと遠距離恋愛

大阪では感染が急拡大ということで全国初の【まん延防止等重点措置】が発出されることとなりました。

 

なかなか終わりの見えないコロナ禍ではありますが、復縁相談では遠距離での相談が増えてます。

 

会う回数が激減したことで女性の方が不安になったり、彼に対して不信感を抱いたりして関係にヒビが入ることが多いようです。

 

遠距離恋愛の継続ってやはり難しいのでしょうか?

実際遠距離ってどうなんだろう?とサクッと検索してみました。

 

こちらのサイトのアンケート結果が大変参考になりました。

 

『【コロナ禍の恋愛事情】女性1164人に聞いたリアルな成功談・失敗談まとめ』

https://more.hpplus.jp/odekake/o-matome/60597/1/

 

特に遠距離恋愛がうまくいった例を見てなるほど良いなと思ったものが幾つかありました。

 

「落ち着いたら○○しよう、○○に行こう、と未来の話をした」
「彼がおいしいお取り寄せを送ってくれた!」

「ビデオ通話をしながら一緒に『あつまれ どうぶつの森』をプレイ」

 

オンラインデートするにしてもゲームが一緒に出来るっていうのは楽しいですよね。

微笑ましい光景が目に浮かびます。

 

あともう一つ、遠距離を長続きさせるには【お互いが自立していること】も大事なんじゃないかと思いました。

 

頻繁に会えないことは、分かりきったうえでのお付き合いなのだから、「一人の時間は自分のやりたいこと、趣味やスキルアップのために費やしていこう!」って転換できるタイプの人は強いみたいですね。

 

かまってちゃんタイプの人には遠距離は少々きついのかも知れないなあ。

 

私が相談で聞いた別れる原因になったというのが、まさにこのタイプの彼女さんでした。

 

彼氏があっちで充実している様子を一緒に喜んであげられなくて自分が置いてきぼりになったような気がして、

「こっちで私が寂しい思いをしているのに自分だけ楽しいんで・・私がいなくても平気なの?」

 

みたいな妄想になってしまい、つい不満を言ってしまったそうなんです。

 

彼氏は彼氏で、そんな風に言われるなんて思いもしなかったようでした。

はじめは罪悪感もあって謝ってくれたそうなんですが、一か月後、

 

「会いたいという感情も薄れてしまった」

「このままダラダラ付き合うより別れよう」と言われたんですね。

 

ここで彼女も思いやりが足りなかったことに気づくわけなんですが、すでに彼の意思は固く、受け入れるしかなかったそうです。

 

最後に会うこともなく、LINEのみの話し合いであっけなく終わってしまった。

とても後悔していると言ってました。

 

聞いてるだけで、こちらもず~んと辛くなりそうです。

嫌いになったわけでも、どっちが悪いわけでもないのにね。

 

しかし、もうこうなっちゃったんだから気持ちを切り替えていくしかないわけで。

 

復縁下準備としては、彼氏がゲームやってるなら自分も詳しくなる、彼の好きな映画を観る等、共有出来る話題をなるべくたくさん持ってる方がいいですよね。

 

一人時間の使い方を変えてると、なんだかんだやることはあるでしょう。

 

彼に新しい彼女ができたらどないしよ~!?とか、そういうのはもう後でいいので。

まず自分の中身をしっかり充実させていきましょうね。

 

遠距離復縁の方法~基礎を作れ!

 

 

ノンの相談はこちら!

 

自分から振ったくせに元カノに会いたくなる男性の心理とは?

自分から振ったくせに元カノに会いたくなる男性の心理とは?

フラれて別れたはずの元彼から連絡が来た?!

 

大好きだった彼に振られその傷も癒え、忘れかけていた頃に突然「元気?」「良かったら今度の休みに会わない?」みたいなノリで、元カレからLINEが来た!

 

なんて経験をしたことがあるという女性はけっこう居るのではないでしょうか?

 

私にも経験があります。その時の心境というのは2パターンあります。

 

1、自分の中で完全に気持ちの整理がついている。だからときめきも何もない。

2、まだ元カレに気持ちが残っていて、心臓の鼓動がバクっ!となる。

 

一般的にもこのどちらかじゃないかな?受け止め方が全く違いますよね。

 

1つ目のパターンは、自分の中ではもう過去のこととして区切りがついているので、元カレから連絡が来ても、動揺はないですね。

 

逆に「今更何の用?」って感じで、嬉しいという感情よりは、不可解な気持ちになりました。

 

「彼の方から振ったのに」何事もなかったかのような軽いノリみたいなものに違和感がありました。

 

しかし、2つめのパターンは ”彼の名前”がスマホに浮かび上がった瞬間に、今更ながら気持ちが残ってることを思い知らされるパターンです。

 

振り返ると恥ずかしい^^;

 

どちらにしても、彼の方から振ったクセに唐突に「会いたい」って言ってくるなんて、正直混乱しますよね?

 

でも、これも何度か経験するうち分かってきました。

実は、こちらが警戒するほど彼の方は何も考えてないのかも?

と、自分なりの仮説は立てられるようになりました。

 

さて、ではなぜ男性は自分が振った元カノにも平気で「会おう」と言えるのでしょうか?

 

この記事では、そんな「自分から振った元カノに会いたくなる男性の心理」について解説していきたいと思います。

 

 

男が元カノに連絡したくなる理由

過去記事より⇒元カノに会いたいな・・元カレが私を思い出す時 

 

自分から振ったにも関わらず、しばらくしたら元カノに連絡してしまう男性は、自己中心的な性格である可能性が高いと言えます。

 

このタイプの男性は、新しい彼女ができても、その彼女に足りない部分を他の女性で補おうとする心理になることが多く、精神的にも肉体的にも他の女性を求めてしまうのです。

 

例えば「癒し系の元カノ」だった場合、別れた後の生活で精神的に疲れてしまった時に、「あ~、元カノに癒してもらえたらいいな」と思いつくわけです。

 

例えばこれが、「肉体的な相性が良かった元カノ」であった場合は、彼女のいない期間に性的欲求が高まっていたり、新しい彼女との肉体的相性が悪かったりした場合に、「元カノともう一度肉体的関係を持ちたい」と思い、連絡してしまうのです。

 

部分的に足りないところを補って欲しいっていうのが本音でしょうか。

マジで勝手ですよね?

 

一般常識の感覚から言えば、現状に物足りなさを感じていても、自分から振った元カノにその足りない何かを穴埋めさせることはタブーだと思い、連絡することはないものです。

 

ですが、何割かの男性はこのタブーを破り連絡してしまうのです。

 

寂しがり屋であったり、性的欲求の強い男性ほどこの傾向が強く、行動に移してしまう傾向にあります。

 

同時に、『俺のことまだ好きで居てくれてるかも』とか都合のいいことも考えてるから厄介です。

 

中には振ったことを後悔して、本気やり直したいなって思って連絡してくる男も居るでしょう。

それは会ってからの対応ではっきりわかると思います。

 

『もう一度僕とやり直せないか?』

『やっぱり君が好きだ』って告白してくるか、しないか。それだけです。

 

フラれた女性側の心理

 

さて、では振ったにも関わらず元カノに連絡してくる男性を、振られた側の女性はどのように感じるのでしょうか?

 

まず考えられるのが、「ありえない」と感じ、「連絡が来ても無視する」か、「当たり障りのない会話をして会わない」という対応を取るという選択肢です。

 

ほとんどの女性は上記のタイプだと思いますが、何割かの女性は、「会ってしまう」という選択肢を選んでしまいます。

 

なぜ会ってしまうのかといえば、「振られたけどまだ元カレへの未練がある」「男性に依存してしまうタイプ」だからです。

 

このタイプの女性は、振られた相手であろうとも、「私がいなきゃダメなんだ」と思ったり、「内心はいけないと思いつつも、元カレの押しに流されてしまう」のです。

 

お互い未練があって、きちんとお付き合いにするに至った場合はそれでハッピーですよね。

しかし、なんとなく会ってる、彼からは告白も次の約束も何もない・・という場合は注意した方がよさそうですよ。

 

元カノと再び会うようになった男性は、時間が経過するとともにだんだんと元カノへの気持ちが薄れていく傾向にあります。

 

それは、次第に日常の足りない何かを元カノという存在で満たせなくなってしまうからです。

 

他にその物足りなさを満たしてくれるものや、人間関係ができれば、たちまちそちらを求めてしまうのです。

 

また、振られたにもか関わらず元カレと会ってしまう女性は、時間が経過するとともに冷静な思考になっていき、「都合の良い存在」であることに気が付きます。嬉しいより不安な気持ちが占有するようになります。

 

そうなってしまった時によく相談をもらうのですが、いったん距離を置きましょう。

すると彼の本音が見えてきますよ。

 

 

まとめ

 

今回は、自分から振った元カノに会いたくなる男性の心理について解説してきました。

 

振った女性に連絡をしてしまう男性は、寂しがり屋であったり、性的欲求が高かったりと、「日常の足りない何か」を元カノに埋めてもらおうと考えるのです。

 

振られた側の女性も、「元カレへの未練」や「男性に依存してしまうタイプ」であることが原因となり、連絡が来ると会ってしまうのです。

 

友達としての関係を改めて作っていこうとするならば、なんら問題はありません。

でも、復縁もしてないのに男女関係のみを求めてくるのであれば、『ごめん、そういうつもりはないの』毅然とした姿勢を示しましょう。

 

 

復縁方法はひとつじゃない 私はどうすればいい?に答えてくれる復縁マニュアルがあります。

 

 

嫌いになったわけじゃないけど・・その先にあるもの

嫌いになったわけじゃないけど・・その先にあるもの

今日はわたくしごとで恐縮するお話しです。

 

以前、私が元カレの頻繁なLINEが重くなってきたのでスルーしますというお話をしました。

 

この記事です。↓

元カレのLINEが重いのでスルーします

 

あれからもう1年近くが過ぎてしまいました。

 

あの時は私もイラっと来てた時だったので、勢い余って感情的になってしまってました。

 

今の気持ちはどうかというと、彼からLINEが来なくなったらなったで、ちょっと寂しいなあ、って思うようになった今日この頃であります。

 

彼は元気でやってるんだろうか?

 

これまでなら、数ヶ月してからひょっこりと、普通に彼の方からまたLINEしてきてたのですが、今のところ音沙汰無しです。

 

まあ、あれだけハッキリ言われたらさすがに凹むよね。

 

私が最後に送ったLINEは既読スルーされたままなので、彼が気分を害したのか、それともショックで何も言えなかったのか、返事がないので、なんとなくモヤモヤしたものが残りますね。

 

嫌いになったわけじゃないけど男としてどうなのか?

 

『嫌いになったわけじゃないけど』・・この言葉の先には本人には言えないこちら側の事情がなにかあります。

 

私の場合も、別れても嫌いになったわけじゃない。

なんだかんだ言っても彼とは長いお付き合いです。

 

もしいつものように何事もなかったかのようにLINEが来たらお返事はするつもりです。

 

毎日LINEしたり、たまに喧嘩したりと、もう10年以上もこのような関係を続けて来ました。

 

こういうのを腐れ縁っていうのでしょうか。

 

この寂寥感は、復縁したいという気持ちからではなく、気軽に話せる男友達が居なくなってちょっと寂しいなあという感じです。

 

なんで復縁したいと思わないのか?というと彼の性格が変わってないからです^^;

変わってくれていたら、再び心ときめかすこともあったかも。

 

年下の彼は基本的に寂しがり屋さんで、常に誰か(女性)に構って欲しいタイプ。

自虐もするけど結局のところナルシスト、そして甘え上手だと思います。

 

私が無理だなあってなるところはLINE依存であること、そして根っこがネガティブ思考なとこ。

 

私もどっちかっていうとネガティブな考えに傾く人なんですけど、彼の場合ちょっと病的な面も感じられ時に扱いにくいのですよね。

 

そこがなければいい男なのに。惜しい!

 

ネガティブスイッチが入るとどーしようもない。メンヘラなのか?

それで私が嫌気をさしてちょっと距離を置く。そんな関係が10年以上続いていたわけです。

 

付き合ったら面倒くさい男というイメージが抜けず、お友達の距離感がちょうど良い。

 

彼はなんとも思ってないのだろうか?

私が既読スルーしてもいつも何事もなかったのごとく唐突にLINEしてくるんですよね。

 

嫌いになったわけではないので、ブロックもしてないです。

なのでLINEが来たら返信はします。

するといつの間にかもう以前のように仲良しさんに戻るのですが。

 

なんでスッと戻れるのかな?と振り返ってみたら、振ってくる話題を私の方へ寄せて来るからなんですね。

 

そこそこ雰囲気が戻って来たところで「俺の話を聞いてよ」みたいな流れにもっていくところ、この辺りが上手いなあと俯瞰して見てる自分も居たりしますね。

 

結局、私の方が都合良く思われてるだけなのかも知れない。

 

居ませんか?こんなお友達。

 

 

三浦春馬さんへ

三浦春馬さんへ

三浦春馬さんが突然この世から居なくなりました。

未だ信じられず・・残念っていう単純な言葉では足りない。

 

あの日、私は近所の回転寿司に入ってて、お寿司が流れてくるのを待ってる間にスマホに目を落としたらですね「三浦春馬さん急死」というニュースが飛び込んで来ました。

 

思わず「えーっ?ウソやろ?」って声をあげてしまいました。

 

自ら命を絶ったらしい。

その記事を何回に見ても信じられず、いろんなところを検索しまくりました。

 

誤報じゃないんだ。でもなんで?

芸能の世界で幅広く活躍されていたことは周知の通りで、俳優として今が最も輝いてる時期ではなかったのか?

 

テレビ、ネットでは三浦春馬さんの交友関係や人柄、これまでの活躍について報じています。

 

どれをとっても非の打ち所がないというか、才能に溢れ、子役からずっと役者としてあらん限りの情熱で打ち込んでいて、またお人柄も真面目で誰からも愛されていたたように見えます。

 

 

本当に悔やまれるし悲しいです。

30歳の三浦春馬も、40歳、50歳になった三浦春馬も、もっと見たかったです。

 

自分では決して大ファンという訳でもなかった・・と思っていたのですが、2週間近くも経って未だに切なく、寂しい気持ちを引きずっているのは、好きだったのかも?

 

彼の出てるドラマも映画もよく見ていて、間もなく公開される映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』も当然観る予定でした。

 

三浦さん演じる恋愛詐欺師の”ジェシー”に再び出番があるってことも知っていたので、とても楽しみにしていたのです。

 

映画を観に行く予定は変わりませんが、どういう気持ちで観ていいのか?

この映画はハチャメチャでコメディ要素が強い作品なので、果たして今回は素で笑えるのかな?^^;

 

三浦春馬さん たくさん素晴らしい作品を見せてくれてありがとう。

ご冥福をお祈りしています。

 

そして私は、あなたを忘れない。

 

 

 

【追記】

7月30日放送の『世界は 欲しい モノにあふれてる』も見てしまった。

春馬さんの笑顔がまぶしすぎる。