元彼に今日は会いたくない由のメールを

送ったあと、彼からもメールが返って来ました。

 

 

そのメールには、

「もしかして まだオレのこと思っててくれたんや。

 もう大丈夫かな?と思って 誘ってみたんやけど・・。」

 

 

・・・やっぱり そうだった。

彼の中ではもう過去の女で、友人の一人でしかない。

 

 

一瞬でも心をときめかせて 期待してしまっていた私

 

バカみたいや・・。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

 

終わってしまった。完全に・・。

あきらめの気持ちで 胸がいっぱいになりました。

 

 

ところが、予想もしないことが起こったのです。

 

 

そのメールを読んでから数十分後、

また元彼から電話がかかってきました。

 

 

「今日はどうしても会えないの?都合悪いの?」

 

 

「そうじゃないけど、やっぱり

今更会ってもいいのかな?って思って・・」

 

 

私が断るなんて彼は予想もしていなかったでしょう。

なにか、彼の方が焦っているようでした。

 

押し問答しているうちにと、だんだん

怒りっぽい口調になってきてるようにも

聞こえました。

 

 

なので、とりあえず会うことになりました^ ^;

 

 

なんだかんだとあって やっと再会。

ごちゃごちゃとなったお陰で

いい意味で緊張が吹き飛びました^ ^;

 

 

さあここからは

復縁マニュアル第5章。

『元彼に会った時の話しかた』

 

 

まずは、当たり障りのない話から

徐々に情報収集をしていくこと。

 

 

久しぶりに会った彼は全く変わってなくて

ノンも変わってないなあと言いましたが

 

 

私が少しスリムになっていることには気がついてくれました!

 

 

ご飯を一緒に食べることになり

以前、よく行っていた和食の店に入り

いつものメニューを注文しました。

 

 

向かい合うと恥ずかしい・・。

彼も「目見られへんな」とか言っていました。

 

ハニカンだ彼の顔が愛おしい。

私ドキドキする。

 

 

彼は以前は私と同じ会社だったので、

当時仲良くしていた人の話とか一通り話しました。

 

 

すると、「別れてからノンは出会いはあった?」

と彼の方から聞いてきました。

 

「ううん・・ないよ」

「そっちは どうなん?」

 

 

「ああ、紹介はしてもらったんやけど合わんかった~」
と言いました。

 

 

正直ホっとしました♪

ということは今日は会っても良かったんや。

余計なこと考え過ぎて、

せっかくのチャンスを自分で潰すところでした。

 

 

だったらココから先は演じなければ!

 

 

食事の後、少しドライブすることになり

彼が夜景スポットへ連れて行ってくれることになりました。

 

 

小高い山の中腹から見る都会の夜景はとても綺麗で

こうして二人で並んで見ていると

フ・・っと彼と彼女だったころに戻っていくような

 

そんな錯覚をしてしまいそうです。

(思い出の刷り込み・・これもマニュアルに書いてあった。)

 

「いいニオイがする なにかつけてる?」

と彼が言いました。

 

「あ、今日は美容院行って来たん^ ^」

 

「ふ~ん。。今でも髪大事にしてるんやな・・」

 

「うん。」

 

時折 彼はうつむいて

何か考えているように見えました。

 

二人の間に流れる懐かしい空気。

 

私の前を歩いている彼の背中を見ながら

いろんな思いがこみ上げます。

 

彼も少しでも私と同じ感情を

思い出してくれているかな?

 

もう少し一緒に居たい。

でも、そろそろ帰らないと・・。

 

 

お話は続きます。

元彼と会う時そして復縁するまで2へ

 

 

↓まだまだ続きます。愛をください。
 にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ