カテゴリー:不倫と浮気と復縁の記事一覧

ノンの復縁レシピ

最高の復縁をあなたにも体験して欲しい~元カレに会う日まで今すぐ使える「魔法の言葉」すべて教えます。

カテゴリー:不倫と浮気と復縁

杏と東出離婚!女は心の裏切りは許さない

杏と東出離婚!女は心の裏切りは許さない

感情的な裏切りとからだの裏切りどっちが傷つく?

 

残暑お見舞い申し上げます。

酷暑が続くし、テレビはコロナコロナで今年の夏は毎日辟易する日々を送っております。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

新型ウイルス感染は収束する気配すら見えませんが、芸能界では一応の決着をみたのが杏さんと東出さんですね。

 

ついに離婚されました。

渡部さんとこはなんとか持ちこたえていて対照的な印象です。

 

あれだけのことをやらかして小さい子供も居るのに慰謝料はなし。仕方ないかも知れませんが杏さんは懐が深いです。

 

夫がやらかした不貞行為についてはどちらも許しがたいものですが、女性側の心証としては、多数の女性と割り切った遊びをするよりも、たった一人の女性と何年も浮気する方が許せない人が多いみたいなんですね。

 

こちらの本、最近読んだのですが、その通りのことがしっかり書かれていました。

 

女と男 なぜわかりあえないのか (文春新書) [ 橘 玲 ]

 

この本によると、”感情的な裏切りと、からだの裏切りではどっちの方がより傷つくか?”と題して、興味深い調査結果を載せています。

 

その調査によると、約6割の男性が『からだの裏切りの方が許せない』つまり感情的な裏切りよりも他の男と体の関係を持った方が深く傷つくと答えました。

 

逆に女性は約8割が『感情的なつながりの方が深く傷つく』といった結果になったとあります。

 

男女では大きな性差があったのですね。

 

さて、この結果を踏まえ杏さんと東出さんの離婚、渡部さんの不倫騒動を比べてみると、なるほどなあと妙に納得してしまうんですよね。

 

ものすごく分かりやすいのは、不倫騒動後はじめて東出さんが単独で行った記者会見で、女性リポーターが放った強烈な質問です。

 

「杏さんと唐田さんのどちらが好きですか?」

 

この問いに対して発した東出さんの回答は「私の心の内を今ここでしゃべることは、妻を傷つけることになる・・」あの言葉の真意はなんだったのか?

 

 

本心は唐田さんが好きって意味だったのか?

たとえ浮気で付き合っただけだったとしても、ここで妻が好きだというのは川田さんに失礼だから・・だったのか?

 

本人にめちゃくちゃ聞いてみたいですが、どっちにしても十分妻は傷ついたよね^^;

やはり、感情的な繋がりがあったことは明確で、それは許しがたいことだったのではないでしょうか。

 

東出さんが離婚しないでやり直したいと願ったのは、杏さんのことが好きだから・・ではないように見られても仕方ない気がします。

 

子供に対する責任感とか世間体とかじゃないのかな?

あの会見を見て杏さん自身も痛感したと思うんですけどね。。

 

女性はこうなった時、メソメソするかと思いきや、不思議なパワーが湧いて出てくるんですよね。

 

「もういい!夫なんかあてにしないわ。家庭は私が一人で守る!」

子供が居るのもパワーの源になるはずです。

 

二人は離婚を報告する際”「今後は子供達の親として成長し、協力しあう関係を築いていきたいと思います」” とコメントしています。

 

「親として成長し」この一文がとても重要なメッセージが込められている気がします。

 

ネットニュースにも出ていましたが、杏さんは東出さんの今後の仕事のことを慮り、離婚発表の時期を選んだり、東出さんとの共演はNGにしないなど寛容な態度に終始しているようです。

 

今後は父として、子供に恥じない生き方をして欲しいってことでしょうか。

 

これによって杏さんの方も好感度アップ間違いなしで、お仕事もたくさん来るでしょう。

なんて賢い女性なんだ!?

 

いずれ子供は自分で真相を知ることになりますから、辛いこともあるでしょうが、その時こそ二人でしっかりサポートしてあげて欲しいです。

 

そのお姿を画面を通して私も楽しませてもらいます。

 

 

「妻とは別れる」不倫男の常套文句なぜ女性は信じてしまうのか?

「妻とは別れる」不倫男の常套文句なぜ女性は信じてしまうのか?

妻とは別れるから・・はうそ?

 

新型コロナの感染抑制のため自粛が始まってけっこうな期間が費やされています。

どこかの番組で「不倫に関する相談、訴訟が減少している」って聞きました。

 

でしょうね。家から出にくいし、会えば濃厚接触は必然ですからね。

しかし、いつの時代も既婚者の不倫は多いものです。

 

不倫自体は刑法で定められているわけではないので犯罪ではないのですが、損害賠償の対象にはなります。

 

また、不倫は「不貞行為」と呼ばれ、離婚の訴えを起こす理由として有効なものです。

 

配偶者にバレてしまうと、社会的にも経済的にもかなり大きな痛手となるにも関わらず、不倫をする男女は後を絶ちません。

 

夫と離婚したくない・妻との離婚を回避したい人

 

少し前には鈴木杏樹さんと喜多村緑郎さんの不倫が話題になりましたよね?

 

特に注目されたのがこの言葉です。

 

「妻とは別れるつもり」です。

 

 

不倫をしている既婚男性のセリフを聞いたことがあるという女性も多いのではないでしょうか?

 

鈴木さんはうっかり信じてしまったのですね~。

でも、それは“うそ”だったんですよね~。

 

「妻とは別れるから」不倫する男性が使い古してきた常套句とも言えるような言葉をなぜ女性は信じてしまうのか?」という疑問について解説していきたいと思います。

 

 

既婚男性が不倫をする理由

 

 

既婚男性が不倫に走ってしまう原因は、大きく3つのパターンに分かれると考えられます。

 

 

 

①妻とは違う女性と関係を持ちたいから

 

 

多くの男性はいつでも「若くてきれいな女性と関係を持ちたい」という願望を持っているものです。

 

これは、「多くの子孫を残すため」という本能が少なからず関係していますが、人間は知性と理性を兼ね備えた生き物であり、倫理的に問題のある「違う女性との肉体関係」については、自覚と節度をもって制御しなければいけないのです。本来であれば・・。

 

 

しかし、残念ながら多くの既婚男性は、長い夫婦生活の中で1度や2度、違う女性と関係を持ってしまいます。

 

 

これから説明する他の理由と比べると、肉体的な部分で改善できる可能性はあまり高くないのがこの「他の女性と関係を持ちたい」という理由の厄介なところ。

 

性依存症や予備軍である可能性が高く、時間とお金、そして相手となる女性がいれば再び不倫に走ってしまうのです。

 

 

 

②精神的な癒しを求めているから

 

 

一般的に幸福な家庭を築いている夫婦の間では、「お互いを癒せるような関係性」が保たれています。

 

小さな喧嘩や直してほしいところなどがあったとしても、お互いを想う愛情があれば、その存在自体が癒しいとなるのです。

 

しかし、結婚してから10年、20年と月日が経つにつれてお互いを想う愛情が薄れていき、肉体的にも精神的にも距離が生じてしまうのです。

 

 

そんな癒しのない暮らしを長い期間続けていると、「違う女性に癒しを求めてしまう」という衝動に駆られます。

 

職場の部下や異性の友人などがこちらに好意を抱いている場合には、一気に不倫関係に発展してしまうのです。

 

この不倫理由に関しては、前記した「他の女性と関係を持ちたいから」という理由とは全く異なり、精神的な部分で不倫相手と繋がってしまうので、かなり厄介なのです。

 

 

 

③日々のストレスの発散の為

 

 

前記した2つの不倫理由と比べると、この「日々のストレスの発散の為」という理由は改善の余地が十分にあるといえます。

 

仕事のストレスや人間関係のストレス、そして金銭的な不安や将来への不安など、現代人は多くのストレスを抱えて生きています。

 

そんなストレスフルな状態で暮らしている中で、ふと優しく接してくれる異性の存在というきっかけによって不倫へと走ってしまうのです。

 

 

 

女性はなぜ「妻とは別れる」というセリフを信じてしまうのか?

 

 

不倫している男性が使う「妻とは別れるつもり」という常套句。

 

ドラマや映画、そして現実世界でもよく耳にする言葉ですよね。

 

大抵は「そんな言葉信じるわけないでしょ」と思うものです。

 

しかし、もしも女性であるあなたが、現在「不倫をしている」もしくは「不倫してしまいそう」な状況であるならば、この「妻とは別れる」という言葉を信じてしまう可能性が高いといえます。

 

 

そう。

 

 

恋は盲目なのです。

 

 

もしかしたら“奥さんと別れてわたしを選んでくれるのかもしれない”という期待が心のどこかにあるからこそ、うまくいかない可能性には目を向けることができなくなってしまうのです。

 

 

「ソロモンのパラドックス」という言葉が心理学では使われます。

 

 

これは、「他人のことはよくわかるのに、自分のこととなると正しい判断ができなくなる」というものなのですが、まさに不倫中の女性はそのような心理状態になるのです。

 

 

離婚調停を得意とするある弁護士さんは、「妻とは別れると言った男性の9割は別れるつもりがない」と言っています。

 

数字的にも妻とは別れるがうそである可能性が高いってことが言えるようです。

 

やはり、男性としては、不倫相手である女性との関係を終わらせずにこのままの関係を継続させたいという考えから、「妻とは別れる」という言葉を使ってしまうのでしょうね。

 

 

 

どんなに立派な人間でも、自分の精神状態や配偶者との関係性の悪化などによって不倫を選択してしまう可能性は十分にあるのです。

 

 

しかし、多くの不倫をしている男性が使う「妻とは別れるつもり」という言葉は、残念ながらあまり本心は含まれていないことがお分かりいただけたかと思います。

 

 

「人の不幸の上に成り立つ幸せはない」

 

 

そんな風に考えて、踏みとどまるのが最善の選択肢といえるのではないでしょうか。

 

不倫経験者の多くの女性が、以前の恋を引きずっていたり、家にも職場にも自分の居場所がなくて寂しくい時、そんなタイミングで既婚男性との不倫にハマりやすいとか。

 

一時期は誰かの肩を借りてもいいでしょう。

でも、その先の幸せは自分で、もっと大きな収穫を得られるように、女性も強かに生きたいものですよね。

 

※不倫の復縁相談は受け付けておりませんので悪しからず。。

男の浮気はされる側にも問題ありと言うけどホント?

男の浮気はされる側にも問題ありと言うけどホント?

ドラマのあなたには帰る家があるの結末は無難に元の鞘に収まる形で終わりましたね。

茄子田先生の男らしさを垣間見て、嫌なイメージから好印象に変わりました(笑)

 

さて、その茄子田先生なんですが、ドラマの中で

「浮気される側にも原因がある」って真弓に説教するシーンがあったんですけど、浮気の話題になるとよく言われることですよね。

 

浮気される方にも問題があるって本当にそうなんでしょうか?

もし、あるとしたら?という前提で考えてみました。

 

浮気が本気に・・原因を作ってしまったのは私かも?

 

浮気っていうより、それを通り越して本気になってしまったら残念ながらもうやり直すことは難しいです。

 

浮気が本気になってしまう理由はいくつかあります。

 

1.束縛や嫉妬が激しい

彼が好きすぎる余り過剰な束縛をしたり、他の女性と話す、ちらっと見る程度でも嫉妬するような状態ではないでしょうか。

 

彼はあなたとの交際が息苦しくなってしまい、他の女性に走ってしまいます。「今から会いに来て!」と夜中に呼びつけるような理不尽なワガママも彼を冷めさせてしまう原因です。

 

2.女性としての努力を怠っている

身なりに気を使わなさすぎたり、付き合ってから急激に太って彼に「やせて」と言われてもやせる気配がない、そんな女性としての努力を怠っていませんか?

 

あなたに幻滅して彼が浮気してしまうのも、もっともと言えるでしょう。

 

3.スキンシップを拒否する

これは夫婦でも多いんじゃないでしょうか?

私もそうだったのですが、妊娠中、子育て中はそれどころじゃない!って感じで、拒否したり、仕方なく・・って感じで受け入れていたこともありました。

 

女性は好きな人と一緒にいられるだけで幸せ、という人もいます。ですが男性は付き合っているからにはスキンシップを取りたいと思うものです。

 

彼が求めてきた時にいつも拒否するというのでは、男性としての自信をなくして他の女性のほうが良いと感じるでしょう。

 

最近では草食系の男子が増えたことで、逆のパターンもあるかも知れませんね。

 

浮気ばかりされる!浮気しない男って居るの?

 

「男性は浮気するもの」って悟ったように言う女性もいます。

男はもともと浮気する素質を持って生れて来たことも忘れてはいけないみたいですよ。

 

男と女とでは元々の脳の造りが違います。

女は一人の男性から愛されたい、男はたくさんの女性からモテたいと願う本能を持っているのです。

なので、きかっけさえ与えられれば流されやすい動物なのです。罪悪感も薄いようです。

 

でも、浮気しない男性も居ます。少なくとも真剣な交際をしている間はそういう素振りをを感じさせないものです。

 

簡単に見破られるほどの浮気については、あなた自身についても見直しが必要かも知れませんよ。浮気される方に問題がある・・というよりは、

 

付き合う男性に浮気ばかりされると思い込んでいる女性はよく似たタイプの浮気性の男性を好きになってしまうからじゃないですかね?

 

浮気してることが毎回バレてるって地点で気づいてください。

普通に考えれば、バレないようにするのが浮気です。

 

付き合うたびに毎回浮気されてしまうというのは、あなたが男性の見る目がない可能性が高いです。一途に愛してくれてあなたを大切にしてくれる男性はいます。

 

そういう男性を最初から選べばいいのです。付き合う前から扱いが雑だったり、女性を下に見ているような男性に対して「自分と付き合ってくれるならそれだけでいい」なんて安売りをする必要はないのです。

 

あなたの言動から「この女なら浮気をしても許してくれるかも?」と男性に思われてしまっては、浮気へのハードルも下がってしまいます。

 

男性に依存した付き合いをしていると、浮気も容認してしまいがちです。
自分は浮気されやすいと卑屈になるよりも、愛される女性であろうと努力してみてくださいね。

 

<浮気される方の問題まとめ>
浮気性の男性がいるように、浮気されやすい女性もいます。
浮気するほうが当然悪いのですが、もし浮気されることが多いのなら一度自分の恋愛を振り返ってみてください。

まるで昼顔みたい・・松居一代様の執着がホラー級

先週、『昼顔』の映画を観て来ました。

 

不倫が発覚して、引き離され、家庭も職も失い、見知らぬ街へ逃れるようにひっそりと暮らす紗和。しかし二人の愛は数年後に再び燃え上がり、不倫復縁しちゃうんですね。

 

今度は、ドラマではなし得なかった略奪婚へと進むのか?と期待させておいて、結局、どう頑張ってもこの二人は結ばれない運命。それが前提になっている物語です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

映画『昼顔』サウンドトラック [ 菅野祐悟 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2017/7/2時点)

 

 

この記事の続きを読む