カテゴリー:夫婦仲修復の記事一覧

ノンの復縁レシピ

最高の復縁をあなたにも体験して欲しい~元カレに会う日まで今すぐ使える「魔法の言葉」すべて教えます。

カテゴリー:夫婦仲修復

夫から離婚したいと言われた妻は必見!『離婚回避マニュアル』

夫から離婚したいと言われた妻は必見!『離婚回避マニュアル』

夫と離婚したくない妻はこれを読むべし!

 

不倫とか夫婦の問題を取り上げてる記事があるせいか、最近になって、私のブログで不思議な現象が起こってたんですね。

 

昨年の12月は、看板である復縁マニュアルではなく「離婚回避マニュアル」の方がどどどっ!と売れたんです。

 

「おおっ?どないなっとるんや?」って感じで。

 

芸能界のみならず、世間一般の中でも夫婦のことで真剣に悩んでいる人が、たくさんいるらしいことが分かりました。

 

また、ある主婦の方から「相談に乗って欲しい」という要望もあって、これまでの特典にプラスして、相談役もやってみることにしました。

 

そこで、私としてもそのジャンルについてもうちょっと力を入れてみようかと、今回は離婚したくない妻のための離婚回避マニュアルを読んでみました。

 

「これはイケる!」

とても良い感触を受けたので早速レビューすることにしました。

 

夫版の離婚回避マニュアルがあるんだから、さっさとやってれば良かったのですけどね^^;

 

[夫版] 離婚回避マニュアルのレビューは⇒こちらです。

 

桑島さんの夫婦仲を修復し離婚回避するマニュアルを読んだ感想

 

妻版のマニュアルを読んだ感想をひとことで言いますと、実にわかりやすく実践的!

  • 具体的で誰でも実践できる
  • 離婚調停はコピペでOK!
  • 浮気相手対策もバッチリ!
  • 離婚回避はさして難しくない
  • 男ってなんて単純なんだ(笑

 

調停の進め方や浮気対策、夫婦仲の修復についても具体的な方法が記述してあります。

「これだけでいいの?」って感覚なんです。

ですが、しっかりと根拠が述べられているのでストンと腑に落ちるんですね。

 

著者である桑島さんご自身が請け負ってきた経験から蓄積されたノウハウであり、信憑性が高いと思いました。

 

驚いたことに、私が復縁相談で出すアドバイスとは、少し違ったアプローチをするんですね。

 

逆のことをする場合もあるってことを知って、とても新鮮な思いがしました。

この知識は復縁相談にも活かせそうです。

 

ホントもっと早く読んでいれば良かった・・。桑島さんすごい!

 

夫婦関係の修復は、放置しても状況は変わらないし、かといって話し合いで解決出来るものでもないんですね。

 

まだ離婚には至ってないけど、離婚の危機かも知れないとお悩みの奥様、一度手に取って読んでみませんか?

 

ノンの特典付きです⇒『女性版夫との離婚回避して元通りに修復する方法』

 

離婚回避へ向けてかなり高い可能性が期待できると思います。(⌒-⌒)

東出昌大不倫に私もひとこと言いたい!

東出昌大不倫に私もひとこと言いたい!

東出昌大ギャップ不倫にバッシングが止まらない

 

もはや日常茶飯事といっても良いくらいに芸能人や政界、スポーツ界などの浮気や不倫が蔓延している現代において、ほとんどの日本人はその類のニュースに対して慣れてきた感ありますよね。

 

 

「あーまた有名人の不倫のニュースか」

 

「〇〇と〇〇が不倫してたんだって」

 

「へーそうなんだー。最低だねー」

 

 

といった具合に、日常的なちょっとした話題として話される程度という事がほとんどでしょう。

 

しかし!

 

現在芸能ニュースを大いに賑わしている「俳優の東出昌大さんと女優の唐田えりかさんの不倫題」に関しては、テレビ局や芸能を扱うメディアが大騒ぎなのはもちろん、SNSを中心に本当に多くの一般人までもが騒いでいる状況ですよね。

 

 

「東出昌大と唐田えりか」という、決して超一流とは呼べない芸能人同士の不貞問題が、いったいなぜこれほどまで話題になっているのでしょうか?

 

東出昌大の不倫から別居までの経緯

 

1月30日号の週刊文春において、俳優の東出昌大さん(31)が女優の唐田えりかさん(22)と不倫をしていたことをスクープしました。

 

東出さんの奥さんは誰もが知るあの人気女優のさん(33)です。

 

不倫の証拠を掴んだ杏さんが東出さんを家から追い出し、現在は別居状態とのこと。

 

東出さんと唐田さんは2018年に公開された映画『寝ても覚めても』での共演がきっかけで男女の関係に至ったようです。

 

その後2年半という長い期間不倫関係が続いていたとか。

 

ちなみに、2017年の8月頃に唐田えりかがインスタグラムに東出の恋人風写真をUPしたり、『寝ても覚めても』のインタビューにおいて「10代最後の夏、大恋愛しました」とコメントするなど、かなり二人の関係を匂わせていることも話題になっています。

 

東出の不倫問題がなぜここまで大きな騒ぎになったのか?

 

芸能人の不倫話なんて今更珍しくはないのですが、ここまでの騒ぎになってしまったのは何故か?

 

要因の一つとしては、「イメージとのギャップの大きさ」が大きいように思えます。

 

東出さんと杏さんは、朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」で夫婦役を演じたのがきっかけで交際に発展、翌年めでたく結婚したのは周知の通りです。

ドラマそのものだったんですよね。

 

その後3人の子供を授かり、夫はイクメンでまさに「理想の家族」という見られ方をしていました。

イメージ的には100点満点に近いくらい「良いイメージ」だったのです。

 

ですが、今回の不倫問題の内容がなかなかのゲスなものだったので、理想の夫からの不倫の常習犯という「大きなギャップ」により大炎上してしまったのです。

 

 

「唐田えりかはまだ19歳の未成年だった」

「杏が3人の子育てに追われている期間に不倫をしていた」

「実際はイクメンではなかった」

「杏から浮気をやめてと何度も言われたのにやめなかった」

「5年間ほどの結婚生活の半分以上の期間不倫をしていた」

「杏の父親(渡辺謙)も不倫で世を騒がせたこともあり杏がかわいそう」

 

などという感じで、特に女性層から大バッシングを受けています。

 

一部の芸能人からは「不倫問題を他人がとやかく言いすぎることに違和感を覚える」というような意見も出ていますが、これはある種の「有名税」のようなものなので仕方がないといえるでしょう。

 

人気商売である以上、イメージ作ってなんぼの商売です。

芸能人はそういったリスクがある反面、一般人からすると考えられないような対価を得ることができるのです。

 

決して上手いとは言えない演技力でも仕事が途切れること無くやってこれたのは、好青年、イクメンであろうというイメージがあってのことです。

 

東出さんにはその自覚がないというか、危機管理なさ過ぎ・・です。

 

  • 不倫はバレなければいい
  • 万が一バレても杏は離婚するはずがない

とでも思っていたのでしょうか?

 

爽やかでいい人の代表のようなイメージを抱いていたのに、本性はこんなしょーもない男だったのかと勝手に応援していた自分がアホらしくなりますね。

 

見てる人は少ないかもしれませんが、『推しボン!~あなたに効く!著名人の極上ブックガイド~』や『 落語ディーパー!~東出・一之輔の噺(はなし)のはなし~』(どちらもNHKです)

 

マニアしか見ないようなジャンルの番組にも出演していて、東出くんも頑張ってるんだね~なかなかやるやん~と私は好意的に見ていたのです。

 

それだけに、この報道を見た時は相当ショック受けましたね^^;

 

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は観に行くつもりだけどさ、、アナタの顔見ても、もう笑えないよ。

 

「奥さんが大変な時期こそ男の見せ所」で、3人の子供を出産し、子育てに追われている何年かの間は、いつも以上にスーパーマンでいて欲しかった。

 

ここまで望むのは無理があるかも知れませんが、しかしここさえしっかり頑張っていれば、さらに東出さんの株は跳ね上がったのは間違いないでしょう。

 

現実は家事も育児も杏ちゃんに任せっきりだった・・ということまで暴露されているので、裏切られた感が強いですよね。

 

東出・杏夫婦は離婚?修復は可能?東出イメージ回復は?

今回のゲス不倫で、東出さんは絶頂期から俳優生命の危機へと追い込まれてしまいました。

 

東出さんの所属事務所は、「本人は責任の重さや失ったものの大きさを実感し後悔に苛まれ苦しんでいる」と早々とコメントを出しました。

 

しかし男として今しなければならないことは、自分の苦しみや後悔ではなく、「奥さんである杏さんと子供に今何をすべきなのか」を考え、行動する事なのではないかと思うのです。

 

「俳優として復帰することはできないかも」

「自分のイメージがこれ以上悪くならない為にはどうすればいいか」

 

なんていう自己保身の考えは捨て、「どうすれば杏さんや子供たちにこの騒動の余波が及ばないか」「どうすれば家族を普通の生活に戻してあげられるのか」を考えるべきです。

 

 

離婚を回避する方向で動いているのか、杏さんの腹は既に決まっているのか、そこは今後長い時間をかけて家庭で話し合いがもたれるのでしょう。

 

このまま離婚をして慰謝料を払い続け、ほとぼりが覚めたタイミングで俳優に復帰するという選択をした方が彼としては楽な道かもしれません。

 

しかし、夫であり、父親でもある間は、ぎりぎりまで家族を守り続けてほしいと願っています。

 

東出さんへの冷遇とは対照的に杏さんへの同情の声が集まっています。

 

・離婚回避して仲直りしたい夫へ贈りたいです。

『妻に許してもらい離婚を回避するためのマニュアル』

 

樹木希林さんと別居夫婦の40年愛

樹木希林さんと別居夫婦の40年愛

突然の訃報のニュースがいまだにショックです。

樹木希林さん、とてもユーモラスで、エキセントリックで、飄々としていて…。

 

俳優としても女優としても、言葉では表せられないほど魅力的な方でしたね。

あの、大女優にしてマネージャーさんをつけてないんですね。

撮影現場への移動からギャラの交渉まで、すべて樹木さん一人でやっているって本当だったのですね。

 

いや~、この話を聞いた時は本当に驚きました。

もちろん、事務所にも所属していません。

「自分のことは自分で」という、樹木さんの強い信念を感じます。

 

他にも樹木さんらしいエピソードはたくさんあるんですけど、やはりなんと言っても私たち一般の女性が不可思議に思うのが、内田裕也さんとの夫婦生活ですよね。

 

樹木さんが内田さんと出会ったのは、今から40年以上前のこと。

電撃的な結婚でした。樹木さんの方は再婚なんですね。

 

しかし、一緒に暮らしたのはわずか1年半ほどで、内田さんが離婚届を勝手に出してハワイへ逃亡するというとんでもない事件が起きました。

 

なんて身勝手な男なんだ?!この地点でアウトですよ。

しかし樹木さんさんは裁判で離婚無効を勝ち取り、結局現在まで離婚することもなく、夫婦であり続けたのですね。

 

周りからは当然「なんで離婚しないの?」って言われるわけですが、樹木さんの訃報を知った内田さんの打ちひしがれた様子から察すると、確かにそこに夫婦の愛があるんだって思いましたね。(勝手にですが)

 

夫・内田裕也さんへの思いを込めた、樹木さんの有名な言葉があります。

「全部、好きです。すべて何もかも好きです。もし、来世というものがあって、生まれ変わることがあるのなら、また巡り合うことがないように。出会わないように、気を付けたいわね。彼と出会ってしまえば、また好きになって大変な人生を送ることになるから」

 

…心が震えちゃいました。

好きになった人とは来世でも、また出会いたいと願うのが女だと思っていました。

 

「なんであんな人と?」なんて声も多いですが、そういういろんなものを超越してますよね。

 

「気を付けたいわね」がすごく樹木さんっぽい、チャーミングで最高な愛の告白です。

これ以上に、おふたりの関係性を表す言葉はないのでは?

40年を超える別居生活。

相手の存在がいい重石になっている、と語るのは意外にも樹木さんの方で、男女というより、人間と人間の不思議で深いつながりを感じずにはいられません。

 

がんの宣告を受けた時からの樹木さんの生き様は潔いと思います。

諦めではなく、覚悟というか、最後まで自分のことは自分で始末をつけるって、ごく当たり前のことなんだろうけど、自分だったらそこまで割り切れる?受け入れられる?って考えてしまう。

私なら最後は、どーでもいいやっ!てなるかも^^;

 

『人と比べないのが私の財産です』

『難があってこそ人生』

 

病気と向き合い、そして夫の内田裕也さんとの40年間の別居生活もあっての言葉です。

だから深みがあります。

 

私は映画を観るのが好きなので、よく映画館へ行くのですが樹木さんが出ている映画はたくさんありますが、中でも好きなのが『わが母の記』です。

 

何度も観てるんだけどその度に泣けます。

樹木さん、たくさんの感動をありがとうございました。

あなたには帰る家があるの結末ドラマはめちゃくちゃだなあ・・

あなたには帰る家があるの結末ドラマはめちゃくちゃだなあ・・

金曜日の夜は山本文緒原作の『あなたには帰る家がある」を見てます。

 

楽しみ!ってほどでもないのですが、結末が気になって最後まで見続けてるドラマってありますよね?

 

タイトルからイメージしたのは、映画で言うと「家族はつらいよ」的な

夫婦愛や家族の幸せをテーマにした物語なのかな?って思ったのですが、ドラマの方はドロドロでもうめちゃくちゃですね^^;

 

私と同じように原作を先に読んだ方はビックリしてるんじゃないでしょうか?

全く違う世界になってますので、別物として見るようにしましょう。

 

原作とドラマ、何が違うのか?と言うと、

まず真弓が気が強いのは同じですが、原作ではあそこまで逞しくないです。ワガママで甘え上手、両親は健在で普通の家庭に育った一人っ子です。

仕事に行き詰まりを感じていた彼女は、でき婚狙いで「安全日」だと伝え秀明を騙し、半ば強引に結婚したのです。

 

しかし、秀明のことは不倫がバレてもまだ好きだと書いてありました。離婚もしないんです。

年齢は28歳、秀明は26歳。

ドラマの方は40歳以上の設定ですよね。

 

レイナは原作では1歳の赤ちゃんです。

秀明は最後まで、女性に翻弄される役なんですが、ドラマで玉木さんが演じる秀明は、とにかく情けない・・かわいそうの一言・・。見てられないですね。。

 

本ではあそこまで家庭に執着する人だったっけ?

 

原作ではケガをした地点で「俺が間違ってたんだ」ってあっさり引くんです。

それで、どうなったかというと、専業主夫になります。

 

ドラマでも、最後はここに着地させるのかどうかは分かりませんが、おそらくどちらの家庭も元のさやに納まるのでしょう。

茄子田家も白アリが出て、結局お家は建て直すことになります。

 

問題の綾子も、ドラマはホラー感が強いですが、原作はあそこまで怖くない。

でも、大人しい顔をして大胆なことをやってのける不思議な女性です。

 

ちなみに茄子田家の子供は原作では二人居て、次男は綾子と茄子田の子供なのですが、長男は、綾子と綾子の姉の夫との間にできた子供なのです。

 

先週ドラマで綾子の姉が出で来ましたよね?

子供も茄子田が本当の親じゃないって知ってます。

 

綾子も懲りない性格なんですが、茄子田はああ見えて男らしい一面もあり、綾子の妊娠の事情を知ったうえで、結婚してくれたんです。

 

もうすぐ最終回を迎えるわけですが、茄子田と真弓が不倫?するところもどうやら取り入れられるようですね。

 

そっからどうなっちゃうんでしょうか?

秀明さんと綾子さんには、なんとか希望を与えてあげて欲しいと願います。

 

 

妻と離婚したくない夫に読んでほしい離婚回避のマニュアル

妻に許してもらい離婚を回避する方法~