パンくずリスト
  • ホーム
  • 投稿者 : non-no2
投稿者:

妻とは別れるから・・はうそ?

 

新型コロナの感染抑制のため自粛が始まってけっこうな期間が費やされています。

どこかの番組で「不倫に関する相談、訴訟が減少している」って聞きました。

 

でしょうね。家から出にくいし、会えば濃厚接触は必然ですからね。

しかし、いつの時代も既婚者の不倫は多いものです。

 

不倫自体は刑法で定められているわけではないので犯罪ではないのですが、損害賠償の対象にはなります。

 

また、不倫は「不貞行為」と呼ばれ、離婚の訴えを起こす理由として有効なものです。

 

配偶者にバレてしまうと、社会的にも経済的にもかなり大きな痛手となるにも関わらず、不倫をする男女は後を絶ちません。

 

夫と離婚したくない・妻との離婚を回避したい人

 

少し前には鈴木杏樹さんと喜多村緑郎さんの不倫が話題になりましたよね?

 

特に注目されたのがこの言葉です。

 

「妻とは別れるつもり」です。

 

 

不倫をしている既婚男性のセリフを聞いたことがあるという女性も多いのではないでしょうか?

 

鈴木さんはうっかり信じてしまったのですね~。

でも、それは"うそ"だったんですよね~。

 

「妻とは別れるから」不倫する男性が使い古してきた常套句とも言えるような言葉をなぜ女性は信じてしまうのか?」という疑問について解説していきたいと思います。

 

 

既婚男性が不倫をする理由

 

 

既婚男性が不倫に走ってしまう原因は、大きく3つのパターンに分かれると考えられます。

 

 

 

①妻とは違う女性と関係を持ちたいから

 

 

多くの男性はいつでも「若くてきれいな女性と関係を持ちたい」という願望を持っているものです。

 

これは、「多くの子孫を残すため」という本能が少なからず関係していますが、人間は知性と理性を兼ね備えた生き物であり、倫理的に問題のある「違う女性との肉体関係」については、自覚と節度をもって制御しなければいけないのです。本来であれば・・。

 

 

しかし、残念ながら多くの既婚男性は、長い夫婦生活の中で1度や2度、違う女性と関係を持ってしまいます。

 

 

これから説明する他の理由と比べると、肉体的な部分で改善できる可能性はあまり高くないのがこの「他の女性と関係を持ちたい」という理由の厄介なところ。

 

性依存症や予備軍である可能性が高く、時間とお金、そして相手となる女性がいれば再び不倫に走ってしまうのです。

 

 

 

②精神的な癒しを求めているから

 

 

一般的に幸福な家庭を築いている夫婦の間では、「お互いを癒せるような関係性」が保たれています。

 

小さな喧嘩や直してほしいところなどがあったとしても、お互いを想う愛情があれば、その存在自体が癒しいとなるのです。

 

しかし、結婚してから10年、20年と月日が経つにつれてお互いを想う愛情が薄れていき、肉体的にも精神的にも距離が生じてしまうのです。

 

 

そんな癒しのない暮らしを長い期間続けていると、「違う女性に癒しを求めてしまう」という衝動に駆られます。

 

職場の部下や異性の友人などがこちらに好意を抱いている場合には、一気に不倫関係に発展してしまうのです。

 

この不倫理由に関しては、前記した「他の女性と関係を持ちたいから」という理由とは全く異なり、精神的な部分で不倫相手と繋がってしまうので、かなり厄介なのです。

 

 

 

③日々のストレスの発散の為

 

 

前記した2つの不倫理由と比べると、この「日々のストレスの発散の為」という理由は改善の余地が十分にあるといえます。

 

仕事のストレスや人間関係のストレス、そして金銭的な不安や将来への不安など、現代人は多くのストレスを抱えて生きています。

 

そんなストレスフルな状態で暮らしている中で、ふと優しく接してくれる異性の存在というきっかけによって不倫へと走ってしまうのです。

 

 

 

女性はなぜ「妻とは別れる」というセリフを信じてしまうのか?

 

 

不倫している男性が使う「妻とは別れるつもり」という常套句。

 

ドラマや映画、そして現実世界でもよく耳にする言葉ですよね。

 

大抵は「そんな言葉信じるわけないでしょ」と思うものです。

 

しかし、もしも女性であるあなたが、現在「不倫をしている」もしくは「不倫してしまいそう」な状況であるならば、この「妻とは別れる」という言葉を信じてしまう可能性が高いといえます。

 

 

そう。

 

 

恋は盲目なのです。

 

 

もしかしたら"奥さんと別れてわたしを選んでくれるのかもしれない"という期待が心のどこかにあるからこそ、うまくいかない可能性には目を向けることができなくなってしまうのです。

 

 

「ソロモンのパラドックス」という言葉が心理学では使われます。

 

 

これは、「他人のことはよくわかるのに、自分のこととなると正しい判断ができなくなる」というものなのですが、まさに不倫中の女性はそのような心理状態になるのです。

 

 

離婚調停を得意とするある弁護士さんは、「妻とは別れると言った男性の9割は別れるつもりがない」と言っています。

 

数字的にも妻とは別れるがうそである可能性が高いってことが言えるようです。

 

やはり、男性としては、不倫相手である女性との関係を終わらせずにこのままの関係を継続させたいという考えから、「妻とは別れる」という言葉を使ってしまうのでしょうね。

 

 

 

どんなに立派な人間でも、自分の精神状態や配偶者との関係性の悪化などによって不倫を選択してしまう可能性は十分にあるのです。

 

 

しかし、多くの不倫をしている男性が使う「妻とは別れるつもり」という言葉は、残念ながらあまり本心は含まれていないことがお分かりいただけたかと思います。

 

 

「人の不幸の上に成り立つ幸せはない」

 

 

そんな風に考えて、踏みとどまるのが最善の選択肢といえるのではないでしょうか。

 

不倫経験者の多くの女性が、以前の恋を引きずっていたり、家にも職場にも自分の居場所がなくて寂しくい時、そんなタイミングで既婚男性との不倫にハマりやすいとか。

 

一時期は誰かの肩を借りてもいいでしょう。

でも、その先の幸せは自分で、もっと大きな収穫を得られるように、女性も強かに生きたいものですよね。

 

※不倫の復縁相談は受け付けておりませんので悪しからず。。

タグ

新型コロナウイルスの感染対策としてとうとう緊急事態宣言が発令されましたね。

「 Stay Home」でございます。

 

とはいえ、私自身は以前の生活とそれほど大差ないのです。

 

普段からインドアで地味な暮らしゆえ、一般の人ほど退屈とかしないのでしょう。

 

ですので、こうして誰かの相談メールを待つのみでございます。

相談してきてくれる人が居ると嬉しくて仕方ないくらいです。

 

ちなみに今ならお返事すぐ返せますよ(笑

 

ペストと新型コロナウイルス

さて、ここからお話が変わりますが、最近『ペスト』という本を読みました。

 


この本はノーベル文学賞を受賞したカミュの代表作の一つです。

 

昭和44年が初版ですので、随分と昔に出版された本なのですが、新型コロナの流行によって再び脚光を浴びている本のようです。

 

現在、書店ではなかなか手に入りにくくなっています。

 

さて『ペスト』ってどんな本かというと、時代は1940年代、アルジェリアにあるオランという都市でペストが発生したという想定で始まります。

 

ペストの蔓延で間もなく都市が封鎖(ロックダウン)され、その中でいろんな立場の人間の関わり合いが描かれています。

 

文章が長く、小難しい表現が多いので読み慣れてない人には著者のいわんとすることを汲み取るに苦労するかも知れません。

 

(私は「100分de名著」と合わせ読み、やっと飲み込めた次第です。意味を理解できるようになるとものすごく深い意味を持った本だと分かりました)

 

完璧に理解することはなくても、病気の広がり方や、刻々と変化する人々の様子、政治と市民の隔たりが今のこの世界状況と重ります。

 

感染初期の頃は、市民はカフェや夜の酒場で集まり「まあ、そのうち過ぎ去ってしまうだろうから、それまでの我慢だ」と、安穏として暮らしているのです。

 

日本もちょっと前までそうだったですよね。

この辺りの情景が非情によく似ています。

 

ですが、状況は良くなるどころか、一気にオーバーシュートを迎え、医療崩壊。

死者が増え過ぎてお葬式もままならないような事態になってくると人は「感情」の起伏というものがなくなっていくんですね。

 

この本に出てくるキャラクターに共感するのは人によって異なるでしょう。

 

私が注目したのはこの男。

感情の揺れ幅が最も大きかった新聞記者のランベールです。

 

彼はこの町の住人ではなく、仕事でたまたまオランを訪れていて、ペスト封じ込めのための都市封鎖で帰国できなくなってしまったのです。

 

ランベールその愛の形

 

ランベールには恋人がいました。

なんとかしてパリに残して来た彼女の元へ帰ろうと、色々と手を尽くすのですが、なかなか上手くいきません。

 

個人の事情とか聞き入れてもらえません。例外なしです。

 

彼は「愛するもののために生き、また死ぬ」という信念の持ち主でしたが、医師リウーと出会うことによって変わっていきます。

 

彼はリウーの友人タルーが結成した「保険隊」に加わり、その仕事の合間を縫って密出国の準備を進めていて、最終段階まで整えます。

 

ですが直前になって「僕は行きません。あなたたちと一緒に残ります」といって密出国を諦めるんです。

 

ランベールの心を動かしたのが、リウー医師の言葉でした。

 

自分の置かれた状況を見極め、誠実に"ただ自分に出来ることをする"

過酷な医療現場で黙々と働き、患者に寄り添っているリウーと保険隊の仲間と過ごすうち、ランベールは覚悟を決めたんです。

 

大変な状況を見てしまった以上、ここで自分だけが抜け出せば、きっと恥ずかしい気持ちになる。それは彼女を愛することの妨げにもなるだろうと思ったのです。

 

ここは感動的な場面ですね。

 

私がもし彼女の立場だったら、それでも帰って来て欲しいと願うかな?私よりそっち?って文句言ったかも・・

 

ランベールの彼女だから、怒ったりせず信じて待ち続けたのかも知れません。

 

で、この二人が最終的にどうなったのかというと

やがてペストの感染が終息し都市封鎖が解除された時、ランベールは彼女をオランに呼び寄せて再会を果たすのですね。

 

他にも訳ありの人物が色々登場しますが、最も良い結末を迎えたのがこの人なんでしょう。

 

あなたが今すべきことは?

さて、ここでまた話は変わりますが

 

今、家に居ながらあなたに出来ることは何か?考えてみてくださいね。

 

復縁したい相手にコンタクトを取るよりも先にすることはないですか?

 

はい。私にメールすることです。(笑

 

緊急事態宣言中でも相談は受け付けております。

お気軽にご利用ください(⌒-⌒)

 

復縁相談は1回無料でできます こちらをクリックしてください。

夫と離婚したくない妻はこれを読むべし!

 

不倫とか夫婦の問題を取り上げてる記事があるせいか、最近になって、私のブログで不思議な現象が起こってたんですね。

 

昨年の12月は、看板である復縁マニュアルではなく「離婚回避マニュアル」の方がどどどっ!と売れたんです。

 

「おおっ?どないなっとるんや?」って感じで。

 

芸能界のみならず、世間一般の中でも夫婦のことで真剣に悩んでいる人が、たくさんいるらしいことが分かりました。

 

また、ある主婦の方から「相談に乗って欲しい」という要望もあって、これまでの特典にプラスして、相談役もやってみることにしました。

 

そこで、私としてもそのジャンルについてもうちょっと力を入れてみようかと、今回は離婚したくない妻のための離婚回避マニュアルを読んでみました。

 

「これはイケる!」

とても良い感触を受けたので早速レビューすることにしました。

 

夫版の離婚回避マニュアルがあるんだから、さっさとやってれば良かったのですけどね^^;

 

[夫版] 離婚回避マニュアルのレビューは⇒こちらです。

 

桑島さんの夫婦仲を修復し離婚回避するマニュアルを読んだ感想

 

妻版のマニュアルを読んだ感想をひとことで言いますと、実にわかりやすく実践的!

  • 具体的で誰でも実践できる
  • 離婚調停はコピペでOK!
  • 浮気相手対策もバッチリ!
  • 離婚回避はさして難しくない
  • 男ってなんて単純なんだ(笑

 

調停の進め方や浮気対策、夫婦仲の修復についても具体的な方法が記述してあります。

「これだけでいいの?」って感覚なんです。

ですが、しっかりと根拠が述べられているのでストンと腑に落ちるんですね。

 

著者である桑島さんご自身が請け負ってきた経験から蓄積されたノウハウであり、信憑性が高いと思いました。

 

驚いたことに、私が復縁相談で出すアドバイスとは、少し違ったアプローチをするんですね。

 

逆のことをする場合もあるってことを知って、とても新鮮な思いがしました。

この知識は復縁相談にも活かせそうです。

 

ホントもっと早く読んでいれば良かった・・。桑島さんすごい!

 

夫婦関係の修復は、放置しても状況は変わらないし、かといって話し合いで解決出来るものでもないんですね。

 

まだ離婚には至ってないけど、離婚の危機かも知れないとお悩みの奥様、一度手に取って読んでみませんか?

 

ノンの特典付きです⇒『女性版夫との離婚回避して元通りに修復する方法』

 

離婚回避へ向けてかなり高い可能性が期待できると思います。(⌒-⌒)

東出昌大ギャップ不倫にバッシングが止まらない

 

もはや日常茶飯事といっても良いくらいに芸能人や政界、スポーツ界などの浮気や不倫が蔓延している現代において、ほとんどの日本人はその類のニュースに対して慣れてきた感ありますよね。

 

 

「あーまた有名人の不倫のニュースか」

 

「〇〇と〇〇が不倫してたんだって」

 

「へーそうなんだー。最低だねー」

 

 

といった具合に、日常的なちょっとした話題として話される程度という事がほとんどでしょう。

 

しかし!

 

現在芸能ニュースを大いに賑わしている「俳優の東出昌大さんと女優の唐田えりかさんの不倫題」に関しては、テレビ局や芸能を扱うメディアが大騒ぎなのはもちろん、SNSを中心に本当に多くの一般人までもが騒いでいる状況ですよね。

 

 

「東出昌大と唐田えりか」という、決して超一流とは呼べない芸能人同士の不貞問題が、いったいなぜこれほどまで話題になっているのでしょうか?

 

東出昌大の不倫から別居までの経緯

 

1月30日号の週刊文春において、俳優の東出昌大さん(31)が女優の唐田えりかさん(22)と不倫をしていたことをスクープしました。

 

東出さんの奥さんは誰もが知るあの人気女優のさん(33)です。

 

不倫の証拠を掴んだ杏さんが東出さんを家から追い出し、現在は別居状態とのこと。

 

東出さんと唐田さんは2018年に公開された映画『寝ても覚めても』での共演がきっかけで男女の関係に至ったようです。

 

その後2年半という長い期間不倫関係が続いていたとか。

 

ちなみに、2017年の8月頃に唐田えりかがインスタグラムに東出の恋人風写真をUPしたり、『寝ても覚めても』のインタビューにおいて「10代最後の夏、大恋愛しました」とコメントするなど、かなり二人の関係を匂わせていることも話題になっています。

 

東出の不倫問題がなぜここまで大きな騒ぎになったのか?

 

芸能人の不倫話なんて今更珍しくはないのですが、ここまでの騒ぎになってしまったのは何故か?

 

要因の一つとしては、「イメージとのギャップの大きさ」が大きいように思えます。

 

東出さんと杏さんは、朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」で夫婦役を演じたのがきっかけで交際に発展、翌年めでたく結婚したのは周知の通りです。

ドラマそのものだったんですよね。

 

その後3人の子供を授かり、夫はイクメンでまさに「理想の家族」という見られ方をしていました。

イメージ的には100点満点に近いくらい「良いイメージ」だったのです。

 

ですが、今回の不倫問題の内容がなかなかのゲスなものだったので、理想の夫からの不倫の常習犯という「大きなギャップ」により大炎上してしまったのです。

 

 

「唐田えりかはまだ19歳の未成年だった」

「杏が3人の子育てに追われている期間に不倫をしていた」

「実際はイクメンではなかった」

「杏から浮気をやめてと何度も言われたのにやめなかった」

「5年間ほどの結婚生活の半分以上の期間不倫をしていた」

「杏の父親(渡辺謙)も不倫で世を騒がせたこともあり杏がかわいそう」

 

などという感じで、特に女性層から大バッシングを受けています。

 

一部の芸能人からは「不倫問題を他人がとやかく言いすぎることに違和感を覚える」というような意見も出ていますが、これはある種の「有名税」のようなものなので仕方がないといえるでしょう。

 

人気商売である以上、イメージ作ってなんぼの商売です。

芸能人はそういったリスクがある反面、一般人からすると考えられないような対価を得ることができるのです。

 

決して上手いとは言えない演技力でも仕事が途切れること無くやってこれたのは、好青年、イクメンであろうというイメージがあってのことです。

 

東出さんにはその自覚がないというか、危機管理なさ過ぎ・・です。

 

  • 不倫はバレなければいい
  • 万が一バレても杏は離婚するはずがない

とでも思っていたのでしょうか?

 

爽やかでいい人の代表のようなイメージを抱いていたのに、本性はこんなしょーもない男だったのかと勝手に応援していた自分がアホらしくなりますね。

 

見てる人は少ないかもしれませんが、『推しボン!~あなたに効く!著名人の極上ブックガイド~』や『 落語ディーパー!~東出・一之輔の噺(はなし)のはなし~』(どちらもNHKです)

 

マニアしか見ないようなジャンルの番組にも出演していて、東出くんも頑張ってるんだね~なかなかやるやん~と私は好意的に見ていたのです。

 

それだけに、この報道を見た時は相当ショック受けましたね^^;

 

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は観に行くつもりだけどさ、、アナタの顔見ても、もう笑えないよ。

 

「奥さんが大変な時期こそ男の見せ所」で、3人の子供を出産し、子育てに追われている何年かの間は、いつも以上にスーパーマンでいて欲しかった。

 

ここまで望むのは無理があるかも知れませんが、しかしここさえしっかり頑張っていれば、さらに東出さんの株は跳ね上がったのは間違いないでしょう。

 

現実は家事も育児も杏ちゃんに任せっきりだった・・ということまで暴露されているので、裏切られた感が強いですよね。

 

東出・杏夫婦は離婚?修復は可能?東出イメージ回復は?

今回のゲス不倫で、東出さんは絶頂期から俳優生命の危機へと追い込まれてしまいました。

 

東出さんの所属事務所は、「本人は責任の重さや失ったものの大きさを実感し後悔に苛まれ苦しんでいる」と早々とコメントを出しました。

 

しかし男として今しなければならないことは、自分の苦しみや後悔ではなく、「奥さんである杏さんと子供に今何をすべきなのか」を考え、行動する事なのではないかと思うのです。

 

「俳優として復帰することはできないかも」

「自分のイメージがこれ以上悪くならない為にはどうすればいいか」

 

なんていう自己保身の考えは捨て、「どうすれば杏さんや子供たちにこの騒動の余波が及ばないか」「どうすれば家族を普通の生活に戻してあげられるのか」を考えるべきです。

 

 

離婚を回避する方向で動いているのか、杏さんの腹は既に決まっているのか、そこは今後長い時間をかけて家庭で話し合いがもたれるのでしょう。

 

このまま離婚をして慰謝料を払い続け、ほとぼりが覚めたタイミングで俳優に復帰するという選択をした方が彼としては楽な道かもしれません。

 

しかし、夫であり、父親でもある間は、ぎりぎりまで家族を守り続けてほしいと願っています。

 

東出さんへの冷遇とは対照的に杏さんへの同情の声が集まっています。

 

・離婚回避して仲直りしたい夫へ贈りたいです。

『妻に許してもらい離婚を回避するためのマニュアル』

 

カテゴリー
タグ

令和初のお正月ですネー(=∩_∩=)

いかがお過ごしでしょうか?

 

令和だからって、私の正月はいつもと変わりありませんが、年末に失恋した方は、別の意味でいつもと違ったお正月を過ごしているかも知れませんね。

 

そんなワケで元旦から復縁相談のメールは来るわけです。

大晦日だろうが、お正月だろうがお返事しますよ。

 

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

ノン

カテゴリー
タグ

浅海さんの会員向けのメルマガで『同棲から別れた場合の復縁』成功事例の紹介があったのですね。

 

うんうん。なるほどなるほど~(*゚▽゚)*。_。)と頷きながら読んでました。

 

このメルマガは、有料のものなので、内容をここで全て教えてしまうワケにはいかないのですが、同棲解消からの復縁のキモはやはり『潔く引く』です。

 

『同棲解消したい?分かった!じゃあ いついつ引っ越すね!』ってなった方が後の連絡もスムーズに運ぶはずです。

 

同棲したままなんとか元サヤに出来ないか・・という相談は、私のところにもよくあるんです。

 

「気持ちは分かるけど、とても難しいことなんですよ」と伝えてます。

 

それはなぜか?

一緒に居ること自体が嫌になってしまっている人にとって、嫌な相手と同じ空間に居続けなければいけない生活って、窮屈だし、気が重いです。

 

出来るだけ早く自由になりたいのが本音です。

ですから、精神的な負担を強いることになるからです。

 

ご本人も気持ちが離れてしまった人が目の前に居ながら、進展しないのでは辛いですよね?

相手に無理をさせてることにも罪悪感を持つようになるでしょう。

 

どちらにしろ良くないのではないでしょうか。

別居期限を明確にし、前向きな方向へ進めた方が良いと思います。

 

ただ、一方では離れた方がいいのは分かっていても、経済的な理由で一緒に居続けなければいけないカップルもよく居るんですね。

 

結婚前提でない場合は、そういう非常事態のことも考慮してから一緒になって欲しいなとよく感じたものです^^;

 

考えてみたら、同棲したら次に来るのは【結婚】か【お別れ】かのほぼ2択しかない。

交際は続けたまま仕事の都合で別居になることもありますけどね。

 

安易に同棲するのはおすすめしない。せめて、同棲をスタートする前にどのようなデメリットがあるかとか知っておいた方がいいんじゃないでしょうか。

 

同棲相手に対する不満あれこれ

 

    • 思っていたより家事が出来ない女だと分かってガッカリ
    • 自分ばっかり家事を押しつけられているみたいで不公平
  • 彼(彼女)のだらしなさにウンザリ
  • 経済感覚が合わない(無駄遣い、ケチ)結婚には不向きかも?
  • 時間的なスレ違いが多い これじゃ何のために同棲したのか分からない
  • 1年経っても彼からプロポーズしてもらえない この先不安
  • 妊娠したらどうしよう?
  • ときめきがなくなった
  • 喧嘩が増えた
  • 「愛してる」って言ってくれなくなった
  • エッチの回数が減った
  • 一人になる時間が欲しい

 

などなど、好き好き!楽しいね~で済むのはせいぜい3ヶ月、その後は減点方式で満足感が減っていくようです。

 

一緒に生活するってことは、良くも悪くも自分をさらけ出すってことですものね。

何かしらの問題や戸惑うことは多々あるでしょう。

 

同棲を経て結婚に進むカップルは、お互いの欠点も何もかも受け入れているのはもちろんのこと、"この生活を失いたくない"って気持ちもあって結びつくのだと思います。

 

同棲解消したからといって、復縁できないわけじゃありません。

一度関係をリセットして、風通しを良くしてみたらいかがでしょうか。

 

待っててくれる人が居る、相談出来る相手が目の前に居てくれる安心感、嬉しいことも二人なら倍になりますよね。

 

同棲して得たものはデメリットだけじゃなく、いいこともたくさんあったはず。

その経験を次に活かしたいですよね^ ^

 

相談お待ちしてます。⇒こちら

カテゴリー
タグ