今だから話せる~私が大学生だった頃の話。

私が通っていた大阪のK大学は、ほとんど男ばっかり。

 

そんなんで逆に女友達を作るのが難しいと感じてましたが、

後期になってやっと気の合う女友達が出来ました。

 

彼女は活動的で綺麗で男の子にモテていました。

yukiと呼んでました。

その時、既に同じ年で同じ学部の彼氏も居て、

私にも紹介してくれたのですが、

 

この出会いが後に、苦い体験へつながっていくことになりました。

 

まだウブだった私・・

にほんブログ村 恋愛ブログへ

 

yukiの彼は、なかなかのイケメンで絵になる二人でした^ ^

 

それからは3人でよく一緒に講義を受けてました。

まあ、後ろの席でほとんど喋ってるんですけど(笑

 

3人とも話があって、めっちゃ盛り上がりました。

小柄で、ダサダサだった私は、その中ではいじられキャラでした・・。

 

yukiは、とてもお洒落な人で、ファッションにかける

お小遣いを稼ぐためにアルバイトもやっていて

私に代返を頼んで授業に出ないことがありました。

 

 

そんな時は、彼女の彼氏が私の隣にやってきて話すこともあり

すっかり彼と仲良くなりました。

 

それからも変わることなく3人で居ましたが

数ヶ月経って何となく二人の様子がいつもと違うことに

気が付きました。

 

彼女から

「最近、彼氏が家に居ないことが多くて デートもあんまりしてない」

「一緒に居てもなぜか暗くなる」とか、寂しそうな顔をすることがありました。

 

 

でもノンと3人で話す時は楽しそう。

 

 

え?(^_^;)

私は答えにつまりましたが 振り返ってみると

彼氏はいつも笑顔で楽しそうでした。

 

まあ私も面白かったので

ついつい話しに付き合っていましたが・・。

それが、いけなかったんですよね。。

 

彼は私と二人でいる時も、3人でいる時も同じ雰囲気なんで

彼とyukiが二人でいる時のことなんて 私には想像がつきません。

 

 

その後、彼氏の方と講義で一緒になった時、

yukiが悩んでいるよ・・と伝えました。

 

彼の顔が曇ってしまいました。

ここで、初めて二人の温度差に気がついたのですが

 

同時に もしかしてこれ3角なってる?

いやいや そんなハズはと思いつつ

当時、19歳でまともに恋愛も経験したこともない私には

どうしたものかと悩んでも 答えが出せるものでもなく

 

受け流すことしか出来ませんでした。

 

 

ほどなくして、二人は別れてしまったのですが・・。

 

つづく。

 

 

↓こんなんいややなあ。。
にほんブログ村 恋愛ブログへ