あけおめLINEで元彼の返事に変化が?!

年も明けて早1ヶ月経ちました。大好きな人にお正月LINEした方、その成果はどうだったでしょうか。

 

お正月「あけおめ line」で好きな人とグンと距離が近くなる

 

私の方はというと今、サポートしてる方から毎日メールが届くんだけど、20代の女子数名がとっても熱心に相談してくれるんですよね。

 

その中でも、別れ方がひどくて、初回の相談受けた段階ではこりゃしんどいなあと思っていた方が一人居たんです。

 

その後もLINEしてもなかなか既読にならず、返事が来たのは1週間後。

 

難しいと思いながらも、コツコツと地道に復縁活動を進めていたのですが、なんと!お年賀LINEをしてから、風向きが変わったのです。

 

一週間も放置されていたLINEが既読になり『今度からはもっと早く返事するからね!』って返事が来たんですって。

 

これには本人もさることながら私もびっくりしました。

 

わぁ~!よく頑張ったね~^ ^

 

実はこの方、サポートしている中で個人的に少々やりにくい面があったのね。

正直予想外でした(笑

 

やりにくいというのは若い子特有のものでもあるんだけど、LINEに慣れてる人たちって自分のこと名乗らないんですよね。

 

用件だけをポン!って投げてくる。

長文も改行無し。

 

思ったままブツけてくれるのは良いのだけど、もう少しだけ受け取った側のことも想像して欲しい。

 

いきなり「彼から返事がきました。私も返信してもいいですか?」と送って来ても

 

ええ~っと、アナタ誰でしたっけ?となるワケ。

 

LINEなら来た地点で誰から来たLINEだって分かるし、トーク履歴もずぐ遡って確認することが出来ます。

 

でも、メールはそうはいかない。

 

なので、件名には自分の名前を入れるか、あるいは冒頭で自分が誰だか名乗って欲しいことや、複数回やりとりが続くときは引用つきで返信して欲しいとお願いしました。

 

「彼から返事がきました。私も返信してもいいですか?」

 

については、してもいいに決まってます。

しかし返事が来たのはいいけれど、それまで何を話していたのか、どんな返事が来たのか、私には分からないじゃないですか?

 

一応、こちらにも作戦ってものがあるんです。

こういう風にしましょうねって言いたいわけなんですよ^^;

 

メールを受け取った相手の立場を想像し、配慮して送ることっていつか自分のためにもなると思うのですね。

 

ひいては復縁したい彼にも伝わっていくんじゃないでしょうか。

 

うるさいオバサンと思われたかも知れませんが、一個ずつ変えて欲しいと伝えました。

よく耐えてくれたね。

 

その後は明らかに彼女に変化が見られました。

要望した通りにしてくれるようになったんです。

 

そして今回の報告。

ご本人もそうでしょうけど、私も嬉しかったですね。

 

あれからどうなったのかな?

 

例え喧嘩してお別れした直後は怒っていても、そのままず~っと怒り続けてる人なんて、あまり居ないです。

 

だから、1回、2回、返事がなくても、反応が悪くても、その都度切り替えて次!にいきましょうね。

 

ノンの復縁相談はココからどうぞ!