カテゴリー:復縁アドバイザーの選び方の記事一覧

ノンの復縁レシピ

最高の復縁をあなたにも体験して欲しい~元カレに会う日まで今すぐ使える「魔法の言葉」すべて教えます。

  • 復縁アドバイザーの選び方

カテゴリー:復縁アドバイザーの選び方

カミュのペストを読んで~私が今できること

カミュのペストを読んで~私が今できること

新型コロナウイルスの感染対策としてとうとう緊急事態宣言が発令されましたね。

「 Stay Home」でございます。

 

とはいえ、私自身は以前の生活とそれほど大差ないのです。

 

普段からインドアで地味な暮らしゆえ、一般の人ほど退屈とかしないのでしょう。

 

ですので、こうして誰かの相談メールを待つのみでございます。

相談してきてくれる人が居ると嬉しくて仕方ないくらいです。

 

ちなみに今ならお返事すぐ返せますよ(笑

 

ペストと新型コロナウイルス

さて、ここからお話が変わりますが、最近『ペスト』という本を読みました。

 


この本はノーベル文学賞を受賞したカミュの代表作の一つです。

 

昭和44年が初版ですので、随分と昔に出版された本なのですが、新型コロナの流行によって再び脚光を浴びている本のようです。

 

現在、書店ではなかなか手に入りにくくなっています。

 

さて『ペスト』ってどんな本かというと、時代は1940年代、アルジェリアにあるオランという都市でペストが発生したという想定で始まります。

 

ペストの蔓延で間もなく都市が封鎖(ロックダウン)され、その中でいろんな立場の人間の関わり合いが描かれています。

 

文章が長く、小難しい表現が多いので読み慣れてない人には著者のいわんとすることを汲み取るに苦労するかも知れません。

 

(私は「100分de名著」と合わせ読み、やっと飲み込めた次第です。意味を理解できるようになるとものすごく深い意味を持った本だと分かりました)

 

完璧に理解することはなくても、病気の広がり方や、刻々と変化する人々の様子、政治と市民の隔たりが今のこの世界状況と重ります。

 

感染初期の頃は、市民はカフェや夜の酒場で集まり「まあ、そのうち過ぎ去ってしまうだろうから、それまでの我慢だ」と、安穏として暮らしているのです。

 

日本もちょっと前までそうだったですよね。

この辺りの情景が非情によく似ています。

 

ですが、状況は良くなるどころか、一気にオーバーシュートを迎え、医療崩壊。

死者が増え過ぎてお葬式もままならないような事態になってくると人は「感情」の起伏というものがなくなっていくんですね。

 

この本に出てくるキャラクターに共感するのは人によって異なるでしょう。

 

私が注目したのはこの男。

感情の揺れ幅が最も大きかった新聞記者のランベールです。

 

彼はこの町の住人ではなく、仕事でたまたまオランを訪れていて、ペスト封じ込めのための都市封鎖で帰国できなくなってしまったのです。

 

ランベールその愛の形

 

ランベールには恋人がいました。

なんとかしてパリに残して来た彼女の元へ帰ろうと、色々と手を尽くすのですが、なかなか上手くいきません。

 

個人の事情とか聞き入れてもらえません。例外なしです。

 

彼は「愛するもののために生き、また死ぬ」という信念の持ち主でしたが、医師リウーと出会うことによって変わっていきます。

 

彼はリウーの友人タルーが結成した「保険隊」に加わり、その仕事の合間を縫って密出国の準備を進めていて、最終段階まで整えます。

 

ですが直前になって「僕は行きません。あなたたちと一緒に残ります」といって密出国を諦めるんです。

 

ランベールの心を動かしたのが、リウー医師の言葉でした。

 

自分の置かれた状況を見極め、誠実に“ただ自分に出来ることをする”

過酷な医療現場で黙々と働き、患者に寄り添っているリウーと保険隊の仲間と過ごすうち、ランベールは覚悟を決めたんです。

 

大変な状況を見てしまった以上、ここで自分だけが抜け出せば、きっと恥ずかしい気持ちになる。それは彼女を愛することの妨げにもなるだろうと思ったのです。

 

ここは感動的な場面ですね。

 

私がもし彼女の立場だったら、それでも帰って来て欲しいと願うかな?私よりそっち?って文句言ったかも・・

 

ランベールの彼女だから、怒ったりせず信じて待ち続けたのかも知れません。

 

で、この二人が最終的にどうなったのかというと

やがてペストの感染が終息し都市封鎖が解除された時、ランベールは彼女をオランに呼び寄せて再会を果たすのですね。

 

他にも訳ありの人物が色々登場しますが、最も良い結末を迎えたのがこの人なんでしょう。

 

あなたが今すべきことは?

さて、ここでまた話は変わりますが

 

今、家に居ながらあなたに出来ることは何か?考えてみてくださいね。

 

復縁したい相手にコンタクトを取るよりも先にすることはないですか?

 

はい。私にメールすることです。(笑

 

緊急事態宣言中でも相談は受け付けております。

お気軽にご利用ください(⌒-⌒)

 

復縁相談は1回無料でできます こちらをクリックしてください。

彼がもう一度、あなたに夢中になる方法

浅海さんの復縁本が発売になるそうです。

彼がもう一度、あなたに夢中になる方法 (二見レインボー文庫) [ 浅海 ]

 

これ、新しく執筆されたものではなく『復縁・復活愛の成功法則 彼ともう一度恋人になる方法(単行本)』の文庫本のようです。

 

タイトルがちょっと変わってますが、同じ本です。

 

中身が知りたい人は、Amazonで目次が見れますので参考にしてください。

復縁・復活愛の成功法則 彼ともう一度恋人になる方

 

特典はつきませんが、古本ならかなり安く買えます。

復縁を目指すにあたっての基礎知識は学べます。

 

マニュアルと書籍はどう違うのか?そんな疑問もあるでしょう。

 

そうですね。

本に書かれてることが復縁方法の全て・・ではないんですよね。

 

意識改革は出来るかも知れないけれど、では自分がここから具体的に、いつ、どう動けばいいのか、どんな内容のラインをすればいいのかはイメージできないかも。

 

マニュアルでは、もうちょっと突っ込んだ解説があるんです。

 

例えば、男のエロ心をくすぐるテクとか、浅海さんをもってしても復縁不可能な例があるとか、ぶっちゃけ男女の生々しい本音を見ることができます。

 

他にも成功例、失敗例、よくある質問、そしてなにより浅海さん、福島さんから個別にアドバイスがもらえる特典が大きいです。

 

本気度の高い人ほど、この本を読んだら浅海さんのアドバイスが受けたくなるはずです。

 

 

ここに来て初めて浅海さんの名前を知った!という方は、一冊くらいは著書を読んで、復縁の基礎力をつけておいて欲しいですね。

 

 

復縁無料相談と有料相談の裏にあるもの

5日の夜まで無料相談は止めますので、ご希望の方はその時間にきてくださいね。

相変わらず、情報をきちんと教えてくれない相談者さんがいますね。。

こちらから逆質問を送ってますので、相談メールの見本をしっかり見て、今度こそ、きっちりと記入して返事ください。

 

あ~さて、今日は、ネットのあちこちでやってる復縁相談を利用するにあたって ノンから注意喚起をしたいと思います。

皆さんから寄せられて来るメールを読んでると、大変に興味深いデス。(゜×゜*)

この記事の続きを読む

復縁アドバイザーノンより感謝の気持ちをこめて・・

ノンのブログに来てくれてありがとう(=∩_∩=)

今日はノンから皆様にお礼を申し上げたくて記事を書いています。

 

こんなメールをいくつかいただいています。

 

Nさんありがとう2
MAIさんありがとう

 

ノンが送ったアドバイスに対して、

「ありがとう」のお礼メールをくださいました。

 

相談者さんとピタっと息が合ったなと思うと同時に

胸が熱くなります。

 

あ~誰かの役に立って良かった!

こんなメールもらったらものすごく嬉しいです(*^^*)

 

 

中には「ノンさんのブログ記事を全部読みました!」という

方までいて、これは、ブロガー冥利に尽きます。

 

Nさん、Mさん、Sさん見てるかな?

個別に返事はしてないけれど、私こそ感謝しています。

 

もう一度「ありがとう」って言わせてもらいますね!

 

ネットの中の、しかも見ず知らずの私を頼って

よくここまで相談してくれたなあって・・

 

 

私もあなたのメールを読んでそう思ったのです。

だから、あのメールは私なりに一生懸命書いたつもりです。

 

 

全くの他人の私と心が通じあったのだから

きっと元彼の心にも いつか伝わると思うよ。

 

最後のアドバイスとして

ひとつ、ひとつのメールを大切にしてくださいね。

 

 

感情のまま書かなないで

一呼吸置いてから送信する習慣をつけてください。

 

 

諦めず、決して焦らず 彼との復縁を叶えてください。

 

 

大人は夢や希望は諦めないようにっていうのに

どうして復縁だけは諦めた方がいいって言うのでしょうかね?

自分のことを初めて受け止めてくれた人。
ここまで人を好きになったことはなかった。
一緒に居るのがとても楽で何でも話せた。

 

こんな風に思える相手が

次に簡単に見つけることができますか?

 

未練の残る恋、別れた人とよりを戻した経験のない人に

相談しても真っ向否定されるか、

諦められないならもう一度アタックしてみよう!とか

 

無責任に煽られて失敗するのがオチなんですけど・・

 

相談する相手を選ぶなら全く関係のない

第3者にいうのが案外、一番良いことなのかも知れないです。

 

そのメリットとして

第3者の立場から客観的な見方が出来る。

自分では気が付かなかったことを指摘され改善につながる。

溜めてたものを吐き出して”ス~っ”と気持ちが楽になる。

Nさんありがとう

 

誰にも出来なかった話を聞いてもらえただけで

気持ちが楽になったという人がものすごく多いです。

 

残念ながら、無料でお受けできる人数にも限界があり

時々相談フォームを閉じることはありますが

 

1つ1つのメールには 私なりの思いを書かせていただいています。

なので、時間はかかってしまいます。

 

悩みの深さや、文章量にはその人によって差はありますが

正直、3通書いたらちょっとめまいがするほどです^_^;

 

何度も書き直し、そして下書きに保存し

そこから時間をおいてまた見直すのです。

 

そんなことを何度もやって やっと1通書き上げます。

だから、あなたも思いっきり書いてください。

 

 

絶対8つの質問にはモレなく答えてください。

1度しかない機会を無駄にしないでくださいね。

 

 

さてさて、困ったことに

またスマホのメルアドにメールが届かない事例が

多くなってきました ^_^;

 

ぶぅ様 再度ご連絡いただけませんでしょうか?

携帯には送信できませんでした。

 

恐れ入りますが、ドメイン設定変更、フリーメールの場合は

迷惑フォルダの中も念の為に確認よろしくお願いします。

 

ノンへ相談してみたくなった人は

↓     ↓

復縁相談は1回無料でできます こちらをクリックしてください。

linedotp