5日の夜まで無料相談は止めますので、ご希望の方はその時間にきてくださいね。

相変わらず、情報をきちんと教えてくれない相談者さんがいますね。。

こちらから逆質問を送ってますので、相談メールの見本をしっかり見て、今度こそ、きっちりと記入して返事ください。

 

あ~さて、今日は、ネットのあちこちでやってる復縁相談を利用するにあたって ノンから注意喚起をしたいと思います。

皆さんから寄せられて来るメールを読んでると、大変に興味深いデス。(゜×゜*)

 

ある相談者さんが、”いくつか無料相談を経て、真逆のことを言われたのでどっちがいいのか悩んでます。ノンさんはどう思われますか?”なんてことを持って来るんですよね。

あっちの復縁サイトでは「あなたのケースは冷却期間を置かずにお友達として連絡を取り続けた方がいいですよ」と言われ、もう一方では「5か月以上冷却期間を取りましょう」とアドバイスを受けたそうです。

 

同じ状況なのに、どうして言われることが違うのでしょうか、どっちを信じていいのか迷っちゃうよね?

 

ここでちょっと見方を変えてみてください。

“言われる通りにやって得をするのは誰か?”

 

「あなたのケースは冷却期間を置かずにお友達として連絡を取り続けた方がいいですよ」

これやって得するのはだれか?

 

彼ですか?あなたですか?

答えは復縁業者です。(笑)

 

メール文を考えてあげるからとかなんとか言われませんでしたか?

「彼の○○について教えてください」とか、逆質問もされませんでしたか?しかも何度も。

さらに、その質問に返事するにも料金が発生してしまうような仕組み。

商売としては上手いやり方です。だから、1万、2万なんてすぐ消費しちゃいますよ。

 

さて、じゃあ5か月も冷却期間をとれといった復縁アドバイザーはどうなんでしょうか?

冷却期間中はひたすら自分磨きしてくださいで済んでしまうので、アドバイザーは楽です(笑)

 

こういったアドバイスを誰にでも送っているということは、先にお金を払っていて、サポートは無料で使い放題ですよ~と誘っている復縁業者でしょう。

なぜ5か月なのか?根拠がよくわかりませんけど。

 

5か月も待ってれば、不安になって彼に連絡をとってしまう人も中には居るでしょう。

そうすると規約違反だと言われ、無料相談が受けられなくなってしまったり、返金に応じてもらえなかったりと なんらかのペナルティをくらいます。

また途中で諦めてしまう人もかなりの割合でいると思います。

無料で使い放題のサービスが、結局は使えないことになります。

あれ?おかしいなと感じたら 一歩下がって違う角度からみてください。

 

ちなみに、私だったら?

冷却期間の取り方は、状況によって差はあるものの、音信不通か、別れ際に相手に相当な迷惑をかけてない限りは1~3か月程度で一度様子を伺うのが適当だと思います。

 

ということで、相談にのってもらう人にも相性があります。しっかり見極めて選んでくださいね。