ノンが投稿した記事一覧

ノンの復縁レシピ

最高の復縁をあなたにも体験して欲しい~元カレに会う日まで今すぐ使える「魔法の言葉」すべて教えます。

投稿者:ノン

コロナ離婚したい夫の言い分妻の言い分とは?

コロナ離婚したい夫の言い分妻の言い分とは?

自粛生活コロナ離婚が増えてる原因は?

 

新型コロナウイルスの感染拡大によって2020年4月に全国に緊急事態宣言が発令されました。発令される前も、解除された後も会社、学校、家庭でも自粛ということが積極的に行われてきたわけですが、最近になって家庭内で異変が?!

 

それは、「コロナウイルスによる離婚」です。

 

ただし、コロナウイルスが直接的な原因となっているわけではなく、コロナウイルスで外出自粛しなければならない状況が離婚の引き金となっているようなのです。

 

ちなみにノンの所には同棲中のカップルがコロナによる自粛生活が引き金になってお別れしてしまった・・なんて相談も舞い込んでおります。

 

では、なぜ外出自粛で離婚(別れ)にまで至ってしまうのでしょうか?

 

今日は、「コロナ離婚の原因」「夫と妻の言い分」「離婚しない為の予防策」について述べていきたいと思います。

 

妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

 

コロナ離婚したくなる「夫の言い分」「妻の言い分」

 

冒頭でもお話した通り、新型コロナウイルスが離婚の直接的な原因になっているわけではなく、あくまで外出自粛によって夫婦間の問題が浮き彫りになったことで離婚を決断する人が増えているというのが正しい捉え方といえます。

 

それでは、いったいなぜ外出自粛で家の中の夫婦の時間が増えたことによって、夫婦関係が悪くなってしまったのです。

夫婦がいつも一緒に居ることでなぜ夫婦仲が悪くなんでしょう?

 

そこには、普段の生活では見えない(見ないようにしている)性格や価値観が関係しているのです。

 

外出自粛で夫婦で過ごすの時間が長いと、「え?そんな非常識な考えなんだ」とか、「家庭を大事に思っていないんだな」という夫と妻、両者の不満が浮き彫りになってきます。

例えば、

 

妻の言い分:子供と遊んだり、お風呂に入れたり、赤ちゃんであればオムツを変えたりといったことを「時間があるにもかかわらず」やってくれない

夫の言い分:手伝って欲しいなら「●●をこんな風にやってほしい」って言ってくれなくちゃ分からないよ 意味なく妻が不機嫌でこっちも気分が悪い 家庭に居場所がない

妻の言い分:外出自粛期間中なのに、パチンコに行こうとしたり、友人と遊びに行ってしまう

夫の言い分:ほんのつかの間の楽しみのつもりなのにガミガミ言われ息が詰まる⇒家に自分の居場所がない

 

妻の言い分:家にいる時間が長いので、これ見よがしに奥さんの家事や育児をチェックしてダメ出しする

夫の言い分:普段見てなかった妻のいい加減な家事のやり方を見て幻滅した

 

というような原因が挙げられます。

 

普段はお互い仕事をしていたり、家事と仕事をしていたりと、一緒にいる時間が短いがゆえにわからなかった性格や価値観が、如実にわかるようになるのです。

 

こういった夫と私は価値観がここまで違うんだ」「今まで妻の何を見てきたのかな?」「この人にとって家庭って大事じゃないのかも?」という絶望感から、「離婚したほうが良いかもと決断してしまうというわけです。

 

あるデータでは、約4割の夫婦のどちらかが「コロナをきっかけに離婚を考えるようになった」というデータがあるほど、社会的な問題へと発展しているのです。

 

 

コロナ離婚を防ぐための対策(妻編)

 

 

外出自粛やテレワークへの移行などで、在宅時間が急激に増えた現在の生活ですが、新型コロナウイルスが収まった後も第2波、第3波のリスクやテレワークの増加によって、今後も同じように夫婦共に家にいる時間は増えそうですよね。

 

今現在は何とか不満を我慢することができても、長期的には離婚を考えたり、実際に離婚を決断するという事になる確率は高くなってしまいます。

 

そうなる前に、コロナ離婚にならないように予防する方法を講じることはできないのでしょうか。

 

女性側の視点で、コロナ離婚にならないように予防する方法があるとすれば、

 

・ほんの些細なことでも、「手伝ってくれてありがとう」という言葉をかける

 

男性って本当に単純な生き物です。「もっと家事や子供の世話を手伝ってくれても良いのに」という思いはグッとこらえて、些細なことでも手伝ったことに対して「やっぱりあなたに手伝ってもらって助かるわ」って褒めてあげることが大切です。

 

そうすることで、男性は、「俺も役に立ってる」と実感し、気持ちよくもっと手伝うようになるはずです。

 

・価値観は違って当然という意識を持つ

 

結婚する前の恋愛や、結婚したての頃の2人の感覚をいつまでも持つのではなく、現在のお互いの価値観をある程度尊重する気持ちを持つべきです。

 

家で一緒にいる時間があまりない生活を何年、何十年としていたわけですから、価値観が違ってくるのも当然です。

 

ここだけは同じ価値観でなければならないという大事な部分以外は、許容するように心がけましょう。

 

 

コロナ離婚を防ぐための対策(夫編)

 

 

今回のコロナ離婚という話題は、主に「女性側が我慢できなくなってしまう」ことで起こるケースが多いといわれています。

 

普段絶対に家にいない時間帯に旦那さんが家にいることで、余計な家事が増えたり、許せない価値観が見えてしまうのです。

 

夫側としてはコロナ離婚しない為の予防策として、

 

・主に家事をしていた妻のやり方や意見をなるべく尊重し、あまり口出しをしない

 

・子供のいる家庭であれば、「俺も手伝うよ」「何か出来ることある?」って自ら動く

 

・自粛はつらいが、自分だけパチンコに行ったり友達と遊ぶといった行動を控える

 

・妻への労いの言葉をかける「いつもありがとう」

 

というような配慮をすることで、妻がコロナ離婚を決断しないようにすることができるはずです。

 

家族会議を開こう!

 

最終的には家族会議、いわゆる話し合いの場を持つことですね。

極めて冷静な態度で「いつの何時から大事な話がしたいのでお願い出来ますか?」と言えば大概の大人はびびるでしょう。

 

クールな態度で臨むことでピリっとした雰囲気が出来るわけです。

 

妻は感情で話すのではなく、ノートにでも不満に思ってること、質問等を箇条書きにし、きちんと順を追って話せるように準備を整えましょう。

 

また、どうして欲しいのかを明確に、且つ「具体的」にすることがとても大事です。

夫も自分の不満を封印するのではなく普段言えない不満やなんかも吐き出してしまえばいいのです。

 

妻に対しては母性的な感情を揺さぶる作戦が効果があると思いますよ。

 

コロナ離婚が増えてきてるって本当?その原因と離婚回避の予防策まとめ

 

新型コロナウイルスの影響で、外出自粛やテレワークへの切り替えによって夫婦揃って在宅する時間がとても増えてきています。

 

お互いを干渉しすぎたり、家事や子育てに感心がないことを痛烈に感じたり、家族なのにわかり合えない・・。

家庭という閉鎖的な空間で「離婚しようかな」って思い詰めるのも無理はないのかも知れません。

 

だからといって結論を一人で決めてしまうのは、時期尚早です。

 

こんな状況だからこそ、家族、夫婦で向き合う時間を作ってみてはどうでしょうか?

夫も妻もお互いの価値観の違いを受け入れる姿勢、意識を変えることでコロナ離婚なんて回避できますよ きっと。

 

このままじゃ離婚回避出来ないかも?!本気で夫婦関係がマズくなってきたら?

こちらを⇒離婚回避する方法

 

 

彼にもう一度自分の気持ちを伝えたいんです

彼にもう一度自分の気持ちを伝えたいんです

その告白のタイミングは今じゃない

 

今日は特に若い人、恋愛経験の少ない人に向けて言いたいことがります。

 

冷却期間が終わったからと言っていきなり「今でも好きです!復縁したいんです」なんて言ってはダメです。

 

先日もこんなことを言ってくる人が居ました。

 

『3ヶ月経過したのでそろそろLINEをしようと思ってます。そして彼にもう一度、自分の思いを伝えたいです』

 

気持ちは分からんでもないんだけど、それって今しないとダメなのかな?

 

今回来たのはたまたま女子だったけど、こういう傾向は男子の方が強いのかも知れない。

 

彼の方からなんのアクションもない今の環境で、自分の思いを一方的にぶつけるのって相手の負担になるとは思わないですか?

 

なんらかの連絡事項があってLINEするのは構わないです。

その中で「好きです」とか「復縁したい」とか、告白ありきでいくのはNGですよ。

 

 

 

 

相手に対してなんの配慮なく告白しても相手が困ってしまうのでは?

あるいはフラれる可能性の方が高いと思います。

 

もし、私が彼の立場だったら「君とはお付き合いできない」ってまた言わなくちゃいけないのか・・って思ったら気持ちが重いです。

 

2度も振って傷つけちゃうことになって申し訳ないな・・って情もあるから。

 

曖昧な気持ちで接して、またこういうことになったら面倒だなって感じたら
前よりも強く、あなたのことを拒否してくるかも知れない。

 

つまり、『気持ちには答えられない 何度言われてももう戻ることはない』って否定される可能性があるってことです。

 

復縁したいのなら、それを彼に言わせてはいけないと思うよ。

告るにしても、しっかり段取り踏んでからにしましょうね。

 

次に告白してダメならきっぱり彼を諦める。

その覚悟があるなら思う通りに告白してもいいと思います。

 

それも青春ですよね。

 

でも、私に相談してきたってことは復縁したいからじゃないのかな?

 

だったら、今は自分の本心は抑えて、まずは彼とは良き友人として新しい付き合いができるように再スタートする方をおすすめしますよ。

 

それが【正しい復縁の第一歩】なんです。

 

スポーツでも、勉学でも目標を立てたら、あとはひたすら前向きにガンガン突き進むのが成功の秘訣!と言われます。

 

ですが、人の心が対象となる場合は、それが当てはまらないこともあって、逆に迷惑になることもあります。

 

時に自分の感情を押し殺し、諦めた(吹っ切れた)フリをして寄り添うことが最善の策となる分野があるんですよ。

 

今度は彼の方から「好き」って告白されるように

 

10代、20代前半くらいの若い人は駆け引きしたり、相手の心理を深く探ったりする経験も少ないでしょう。

 

自分の感情を抑えて好きな人と接するってすごく難しいことかも知れません。

ですが、成長するには良い経験になると思います。

 

自分の感情よりも まず相手が今何を望んでいるか?

自分のとった行動によって相手にも自分にもメリットがあるのか?ないのか?

 

こういうことを最優先で思考する習慣を身につけていただければ、復縁の成功率はグッと上がります(⌒-⌒)v

 

そして、次はあなたから告白するんじゃなく、彼の方から『好きです!君ともう一度付き合いたい』って言われるように目標に頑張っていただけたらと願います。

 

 

「そうか!こうすれば良かったんだ」って復縁初歩からバッチリ分かるマニュアル

↓   ↓

復縁マニュアル(ノンのサポート付き!)

 

 

購入前の相談も大歓迎です(⌒-⌒)

↓  ↓

ノンに相談してみる

「妻とは別れる」不倫男の常套文句なぜ女性は信じてしまうのか?

「妻とは別れる」不倫男の常套文句なぜ女性は信じてしまうのか?

妻とは別れるから・・はうそ?

 

新型コロナの感染抑制のため自粛が始まってけっこうな期間が費やされています。

どこかの番組で「不倫に関する相談、訴訟が減少している」って聞きました。

 

でしょうね。家から出にくいし、会えば濃厚接触は必然ですからね。

しかし、いつの時代も既婚者の不倫は多いものです。

 

不倫自体は刑法で定められているわけではないので犯罪ではないのですが、損害賠償の対象にはなります。

 

また、不倫は「不貞行為」と呼ばれ、離婚の訴えを起こす理由として有効なものです。

 

配偶者にバレてしまうと、社会的にも経済的にもかなり大きな痛手となるにも関わらず、不倫をする男女は後を絶ちません。

 

夫と離婚したくない・妻との離婚を回避したい人

 

少し前には鈴木杏樹さんと喜多村緑郎さんの不倫が話題になりましたよね?

 

特に注目されたのがこの言葉です。

 

「妻とは別れるつもり」です。

 

 

不倫をしている既婚男性のセリフを聞いたことがあるという女性も多いのではないでしょうか?

 

鈴木さんはうっかり信じてしまったのですね~。

でも、それは“うそ”だったんですよね~。

 

「妻とは別れるから」不倫する男性が使い古してきた常套句とも言えるような言葉をなぜ女性は信じてしまうのか?」という疑問について解説していきたいと思います。

 

 

既婚男性が不倫をする理由

 

 

既婚男性が不倫に走ってしまう原因は、大きく3つのパターンに分かれると考えられます。

 

 

 

①妻とは違う女性と関係を持ちたいから

 

 

多くの男性はいつでも「若くてきれいな女性と関係を持ちたい」という願望を持っているものです。

 

これは、「多くの子孫を残すため」という本能が少なからず関係していますが、人間は知性と理性を兼ね備えた生き物であり、倫理的に問題のある「違う女性との肉体関係」については、自覚と節度をもって制御しなければいけないのです。本来であれば・・。

 

 

しかし、残念ながら多くの既婚男性は、長い夫婦生活の中で1度や2度、違う女性と関係を持ってしまいます。

 

 

これから説明する他の理由と比べると、肉体的な部分で改善できる可能性はあまり高くないのがこの「他の女性と関係を持ちたい」という理由の厄介なところ。

 

性依存症や予備軍である可能性が高く、時間とお金、そして相手となる女性がいれば再び不倫に走ってしまうのです。

 

 

 

②精神的な癒しを求めているから

 

 

一般的に幸福な家庭を築いている夫婦の間では、「お互いを癒せるような関係性」が保たれています。

 

小さな喧嘩や直してほしいところなどがあったとしても、お互いを想う愛情があれば、その存在自体が癒しいとなるのです。

 

しかし、結婚してから10年、20年と月日が経つにつれてお互いを想う愛情が薄れていき、肉体的にも精神的にも距離が生じてしまうのです。

 

 

そんな癒しのない暮らしを長い期間続けていると、「違う女性に癒しを求めてしまう」という衝動に駆られます。

 

職場の部下や異性の友人などがこちらに好意を抱いている場合には、一気に不倫関係に発展してしまうのです。

 

この不倫理由に関しては、前記した「他の女性と関係を持ちたいから」という理由とは全く異なり、精神的な部分で不倫相手と繋がってしまうので、かなり厄介なのです。

 

 

 

③日々のストレスの発散の為

 

 

前記した2つの不倫理由と比べると、この「日々のストレスの発散の為」という理由は改善の余地が十分にあるといえます。

 

仕事のストレスや人間関係のストレス、そして金銭的な不安や将来への不安など、現代人は多くのストレスを抱えて生きています。

 

そんなストレスフルな状態で暮らしている中で、ふと優しく接してくれる異性の存在というきっかけによって不倫へと走ってしまうのです。

 

 

 

女性はなぜ「妻とは別れる」というセリフを信じてしまうのか?

 

 

不倫している男性が使う「妻とは別れるつもり」という常套句。

 

ドラマや映画、そして現実世界でもよく耳にする言葉ですよね。

 

大抵は「そんな言葉信じるわけないでしょ」と思うものです。

 

しかし、もしも女性であるあなたが、現在「不倫をしている」もしくは「不倫してしまいそう」な状況であるならば、この「妻とは別れる」という言葉を信じてしまう可能性が高いといえます。

 

 

そう。

 

 

恋は盲目なのです。

 

 

もしかしたら“奥さんと別れてわたしを選んでくれるのかもしれない”という期待が心のどこかにあるからこそ、うまくいかない可能性には目を向けることができなくなってしまうのです。

 

 

「ソロモンのパラドックス」という言葉が心理学では使われます。

 

 

これは、「他人のことはよくわかるのに、自分のこととなると正しい判断ができなくなる」というものなのですが、まさに不倫中の女性はそのような心理状態になるのです。

 

 

離婚調停を得意とするある弁護士さんは、「妻とは別れると言った男性の9割は別れるつもりがない」と言っています。

 

数字的にも妻とは別れるがうそである可能性が高いってことが言えるようです。

 

やはり、男性としては、不倫相手である女性との関係を終わらせずにこのままの関係を継続させたいという考えから、「妻とは別れる」という言葉を使ってしまうのでしょうね。

 

 

 

どんなに立派な人間でも、自分の精神状態や配偶者との関係性の悪化などによって不倫を選択してしまう可能性は十分にあるのです。

 

 

しかし、多くの不倫をしている男性が使う「妻とは別れるつもり」という言葉は、残念ながらあまり本心は含まれていないことがお分かりいただけたかと思います。

 

 

「人の不幸の上に成り立つ幸せはない」

 

 

そんな風に考えて、踏みとどまるのが最善の選択肢といえるのではないでしょうか。

 

不倫経験者の多くの女性が、以前の恋を引きずっていたり、家にも職場にも自分の居場所がなくて寂しくい時、そんなタイミングで既婚男性との不倫にハマりやすいとか。

 

一時期は誰かの肩を借りてもいいでしょう。

でも、その先の幸せは自分で、もっと大きな収穫を得られるように、女性も強かに生きたいものですよね。

 

※不倫の復縁相談は受け付けておりませんので悪しからず。。

カミュのペストを読んで~私が今できること

カミュのペストを読んで~私が今できること

新型コロナウイルスの感染対策としてとうとう緊急事態宣言が発令されましたね。

「 Stay Home」でございます。

 

とはいえ、私自身は以前の生活とそれほど大差ないのです。

 

普段からインドアで地味な暮らしゆえ、一般の人ほど退屈とかしないのでしょう。

 

ですので、こうして誰かの相談メールを待つのみでございます。

相談してきてくれる人が居ると嬉しくて仕方ないくらいです。

 

ちなみに今ならお返事すぐ返せますよ(笑

 

ペストと新型コロナウイルス

さて、ここからお話が変わりますが、最近『ペスト』という本を読みました。

 


この本はノーベル文学賞を受賞したカミュの代表作の一つです。

 

昭和44年が初版ですので、随分と昔に出版された本なのですが、新型コロナの流行によって再び脚光を浴びている本のようです。

 

現在、書店ではなかなか手に入りにくくなっています。

 

さて『ペスト』ってどんな本かというと、時代は1940年代、アルジェリアにあるオランという都市でペストが発生したという想定で始まります。

 

ペストの蔓延で間もなく都市が封鎖(ロックダウン)され、その中でいろんな立場の人間の関わり合いが描かれています。

 

文章が長く、小難しい表現が多いので読み慣れてない人には著者のいわんとすることを汲み取るに苦労するかも知れません。

 

(私は「100分de名著」と合わせ読み、やっと飲み込めた次第です。意味を理解できるようになるとものすごく深い意味を持った本だと分かりました)

 

完璧に理解することはなくても、病気の広がり方や、刻々と変化する人々の様子、政治と市民の隔たりが今のこの世界状況と重ります。

 

感染初期の頃は、市民はカフェや夜の酒場で集まり「まあ、そのうち過ぎ去ってしまうだろうから、それまでの我慢だ」と、安穏として暮らしているのです。

 

日本もちょっと前までそうだったですよね。

この辺りの情景が非情によく似ています。

 

ですが、状況は良くなるどころか、一気にオーバーシュートを迎え、医療崩壊。

死者が増え過ぎてお葬式もままならないような事態になってくると人は「感情」の起伏というものがなくなっていくんですね。

 

この本に出てくるキャラクターに共感するのは人によって異なるでしょう。

 

私が注目したのはこの男。

感情の揺れ幅が最も大きかった新聞記者のランベールです。

 

彼はこの町の住人ではなく、仕事でたまたまオランを訪れていて、ペスト封じ込めのための都市封鎖で帰国できなくなってしまったのです。

 

ランベールその愛の形

 

ランベールには恋人がいました。

なんとかしてパリに残して来た彼女の元へ帰ろうと、色々と手を尽くすのですが、なかなか上手くいきません。

 

個人の事情とか聞き入れてもらえません。例外なしです。

 

彼は「愛するもののために生き、また死ぬ」という信念の持ち主でしたが、医師リウーと出会うことによって変わっていきます。

 

彼はリウーの友人タルーが結成した「保険隊」に加わり、その仕事の合間を縫って密出国の準備を進めていて、最終段階まで整えます。

 

ですが直前になって「僕は行きません。あなたたちと一緒に残ります」といって密出国を諦めるんです。

 

ランベールの心を動かしたのが、リウー医師の言葉でした。

 

自分の置かれた状況を見極め、誠実に“ただ自分に出来ることをする”

過酷な医療現場で黙々と働き、患者に寄り添っているリウーと保険隊の仲間と過ごすうち、ランベールは覚悟を決めたんです。

 

大変な状況を見てしまった以上、ここで自分だけが抜け出せば、きっと恥ずかしい気持ちになる。それは彼女を愛することの妨げにもなるだろうと思ったのです。

 

ここは感動的な場面ですね。

 

私がもし彼女の立場だったら、それでも帰って来て欲しいと願うかな?私よりそっち?って文句言ったかも・・

 

ランベールの彼女だから、怒ったりせず信じて待ち続けたのかも知れません。

 

で、この二人が最終的にどうなったのかというと

やがてペストの感染が終息し都市封鎖が解除された時、ランベールは彼女をオランに呼び寄せて再会を果たすのですね。

 

他にも訳ありの人物が色々登場しますが、最も良い結末を迎えたのがこの人なんでしょう。

 

あなたが今すべきことは?

さて、ここでまた話は変わりますが

 

今、家に居ながらあなたに出来ることは何か?考えてみてくださいね。

 

復縁したい相手にコンタクトを取るよりも先にすることはないですか?

 

はい。私にメールすることです。(笑

 

緊急事態宣言中でも相談は受け付けております。

お気軽にご利用ください(⌒-⌒)

 

復縁相談は1回無料でできます こちらをクリックしてください。