ノンが投稿した記事一覧

ノンの復縁レシピ

最高の復縁をあなたにも体験して欲しい~元カレに会う日まで今すぐ使える「魔法の言葉」すべて教えます。

投稿者:ノン

自分から振ったくせに元カノに会いたくなる男性の心理とは?

自分から振ったくせに元カノに会いたくなる男性の心理とは?

フラれて別れたはずの元彼から連絡が来た?!

 

大好きだった彼に振られその傷も癒え、忘れかけていた頃に突然「元気?」「良かったら今度の休みに会わない?」みたいなノリで、元カレからLINEが来た!

 

なんて経験をしたことがあるという女性はけっこう居るのではないでしょうか?

 

私にも経験があります。その時の心境というのは2パターンあります。

 

1、自分の中で完全に気持ちの整理がついている。だからときめきも何もない。

2、まだ元カレに気持ちが残っていて、心臓の鼓動がバクっ!となる。

 

一般的にもこのどちらかじゃないかな?受け止め方が全く違いますよね。

 

1つ目のパターンは、自分の中ではもう過去のこととして区切りがついているので、元カレから連絡が来ても、動揺はないですね。

 

逆に「今更何の用?」って感じで、嬉しいという感情よりは、不可解な気持ちになりました。

 

「彼の方から振ったのに」何事もなかったかのような軽いノリみたいなものに違和感がありました。

 

しかし、2つめのパターンは ”彼の名前”がスマホに浮かび上がった瞬間に、今更ながら気持ちが残ってることを思い知らされるパターンです。

 

振り返ると恥ずかしい^^;

 

どちらにしても、彼の方から振ったクセに唐突に「会いたい」って言ってくるなんて、正直混乱しますよね?

 

でも、これも何度か経験するうち分かってきました。

実は、こちらが警戒するほど彼の方は何も考えてないのかも?

と、自分なりの仮説は立てられるようになりました。

 

さて、ではなぜ男性は自分が振った元カノにも平気で「会おう」と言えるのでしょうか?

 

この記事では、そんな「自分から振った元カノに会いたくなる男性の心理」について解説していきたいと思います。

 

 

男が元カノに連絡したくなる理由

過去記事より⇒元カノに会いたいな・・元カレが私を思い出す時 

 

自分から振ったにも関わらず、しばらくしたら元カノに連絡してしまう男性は、自己中心的な性格である可能性が高いと言えます。

 

このタイプの男性は、新しい彼女ができても、その彼女に足りない部分を他の女性で補おうとする心理になることが多く、精神的にも肉体的にも他の女性を求めてしまうのです。

 

例えば「癒し系の元カノ」だった場合、別れた後の生活で精神的に疲れてしまった時に、「あ~、元カノに癒してもらえたらいいな」と思いつくわけです。

 

例えばこれが、「肉体的な相性が良かった元カノ」であった場合は、彼女のいない期間に性的欲求が高まっていたり、新しい彼女との肉体的相性が悪かったりした場合に、「元カノともう一度肉体的関係を持ちたい」と思い、連絡してしまうのです。

 

部分的に足りないところを補って欲しいっていうのが本音でしょうか。

マジで勝手ですよね?

 

一般常識の感覚から言えば、現状に物足りなさを感じていても、自分から振った元カノにその足りない何かを穴埋めさせることはタブーだと思い、連絡することはないものです。

 

ですが、何割かの男性はこのタブーを破り連絡してしまうのです。

 

寂しがり屋であったり、性的欲求の強い男性ほどこの傾向が強く、行動に移してしまう傾向にあります。

 

同時に、『俺のことまだ好きで居てくれてるかも』とか都合のいいことも考えてるから厄介です。

 

中には振ったことを後悔して、本気やり直したいなって思って連絡してくる男も居るでしょう。

それは会ってからの対応ではっきりわかると思います。

 

『もう一度僕とやり直せないか?』

『やっぱり君が好きだ』って告白してくるか、しないか。それだけです。

 

フラれた女性側の心理

 

さて、では振ったにも関わらず元カノに連絡してくる男性を、振られた側の女性はどのように感じるのでしょうか?

 

まず考えられるのが、「ありえない」と感じ、「連絡が来ても無視する」か、「当たり障りのない会話をして会わない」という対応を取るという選択肢です。

 

ほとんどの女性は上記のタイプだと思いますが、何割かの女性は、「会ってしまう」という選択肢を選んでしまいます。

 

なぜ会ってしまうのかといえば、「振られたけどまだ元カレへの未練がある」「男性に依存してしまうタイプ」だからです。

 

このタイプの女性は、振られた相手であろうとも、「私がいなきゃダメなんだ」と思ったり、「内心はいけないと思いつつも、元カレの押しに流されてしまう」のです。

 

お互い未練があって、きちんとお付き合いにするに至った場合はそれでハッピーですよね。

しかし、なんとなく会ってる、彼からは告白も次の約束も何もない・・という場合は注意した方がよさそうですよ。

 

元カノと再び会うようになった男性は、時間が経過するとともにだんだんと元カノへの気持ちが薄れていく傾向にあります。

 

それは、次第に日常の足りない何かを元カノという存在で満たせなくなってしまうからです。

 

他にその物足りなさを満たしてくれるものや、人間関係ができれば、たちまちそちらを求めてしまうのです。

 

また、振られたにもか関わらず元カレと会ってしまう女性は、時間が経過するとともに冷静な思考になっていき、「都合の良い存在」であることに気が付きます。嬉しいより不安な気持ちが占有するようになります。

 

そうなってしまった時によく相談をもらうのですが、いったん距離を置きましょう。

すると彼の本音が見えてきますよ。

 

 

まとめ

 

今回は、自分から振った元カノに会いたくなる男性の心理について解説してきました。

 

振った女性に連絡をしてしまう男性は、寂しがり屋であったり、性的欲求が高かったりと、「日常の足りない何か」を元カノに埋めてもらおうと考えるのです。

 

振られた側の女性も、「元カレへの未練」や「男性に依存してしまうタイプ」であることが原因となり、連絡が来ると会ってしまうのです。

 

友達としての関係を改めて作っていこうとするならば、なんら問題はありません。

でも、復縁もしてないのに男女関係のみを求めてくるのであれば、『ごめん、そういうつもりはないの』毅然とした姿勢を示しましょう。

 

 

復縁方法はひとつじゃない 私はどうすればいい?に答えてくれる復縁マニュアルがあります。

 

 

嫌いになったわけじゃないけど・・その先にあるもの

嫌いになったわけじゃないけど・・その先にあるもの

今日はわたくしごとで恐縮するお話しです。

 

以前、私が元カレの頻繁なLINEが重くなってきたのでスルーしますというお話をしました。

 

この記事です。↓

元カレのLINEが重いのでスルーします

 

あれからもう1年近くが過ぎてしまいました。

 

あの時は私もイラっと来てた時だったので、勢い余って感情的になってしまってました。

 

今の気持ちはどうかというと、彼からLINEが来なくなったらなったで、ちょっと寂しいなあ、って思うようになった今日この頃であります。

 

彼は元気でやってるんだろうか?

 

これまでなら、数ヶ月してからひょっこりと、普通に彼の方からまたLINEしてきてたのですが、今のところ音沙汰無しです。

 

まあ、あれだけハッキリ言われたらさすがに凹むよね。

 

私が最後に送ったLINEは既読スルーされたままなので、彼が気分を害したのか、それともショックで何も言えなかったのか、返事がないので、なんとなくモヤモヤしたものが残りますね。

 

嫌いになったわけじゃないけど男としてどうなのか?

 

『嫌いになったわけじゃないけど』・・この言葉の先には本人には言えないこちら側の事情がなにかあります。

 

私の場合も、別れても嫌いになったわけじゃない。

なんだかんだ言っても彼とは長いお付き合いです。

 

もしいつものように何事もなかったかのようにLINEが来たらお返事はするつもりです。

 

毎日LINEしたり、たまに喧嘩したりと、もう10年以上もこのような関係を続けて来ました。

 

こういうのを腐れ縁っていうのでしょうか。

 

この寂寥感は、復縁したいという気持ちからではなく、気軽に話せる男友達が居なくなってちょっと寂しいなあという感じです。

 

なんで復縁したいと思わないのか?というと彼の性格が変わってないからです^^;

変わってくれていたら、再び心ときめかすこともあったかも。

 

年下の彼は基本的に寂しがり屋さんで、常に誰か(女性)に構って欲しいタイプ。

自虐もするけど結局のところナルシスト、そして甘え上手だと思います。

 

私が無理だなあってなるところはLINE依存であること、そして根っこがネガティブ思考なとこ。

 

私もどっちかっていうとネガティブな考えに傾く人なんですけど、彼の場合ちょっと病的な面も感じられ時に扱いにくいのですよね。

 

そこがなければいい男なのに。惜しい!

 

ネガティブスイッチが入るとどーしようもない。メンヘラなのか?

それで私が嫌気をさしてちょっと距離を置く。そんな関係が10年以上続いていたわけです。

 

付き合ったら面倒くさい男というイメージが抜けず、お友達の距離感がちょうど良い。

 

彼はなんとも思ってないのだろうか?

私が既読スルーしてもいつも何事もなかったのごとく唐突にLINEしてくるんですよね。

 

嫌いになったわけではないので、ブロックもしてないです。

なのでLINEが来たら返信はします。

するといつの間にかもう以前のように仲良しさんに戻るのですが。

 

なんでスッと戻れるのかな?と振り返ってみたら、振ってくる話題を私の方へ寄せて来るからなんですね。

 

そこそこ雰囲気が戻って来たところで「俺の話を聞いてよ」みたいな流れにもっていくところ、この辺りが上手いなあと俯瞰して見てる自分も居たりしますね。

 

結局、私の方が都合良く思われてるだけなのかも知れない。

 

居ませんか?こんなお友達。

 

 

正直、都合のいい女もありなんじゃない?!

正直、都合のいい女もありなんじゃない?!

先日『元カレとセフレのような関係になってしまい、恋人になるにはどうすればいいか?』って相談がありました。

 

よくある相談です。

 

解決方法として何度も何度も伝えて来たのは、一時的に会うのをやめるか、会っても体の関係には及ばないようにしましょうっていうのが定番の答えです。

 

軽く扱われてる今の状態から、自分の存在価値を上げて本命のポジションを回復するのが目的です。

 

しかし簡単ではありません。

この方法は彼に依存しきっている彼女のにとっては命がけの決断になります。

 

そこまでしないとダメなの?

他に方法はないの?って立ち止まってしまうかも知れません。

 

随分前になりますが、浅海さんがメルマガでとても重要なことおっしゃっていました。

 

『彼(彼女)に「よりを戻したい」と思われる人の特徴』についてです。

 

復縁までもっていける人には特徴があるんですね。

それは以下の3つです。

 

  • 相手にもプラスの言葉を投げかけている
  • 口癖が特徴的
  • 手放せる強さを持っている

 

ここでは1つずつ解説はしませんが、この3つの中で私が「ごもっともですな!」と膝を打ったのは[手放せる強さを持っている] です。

 

本当にその通りだなって思います。

 

今まさに都合の良い関係に陥っていて抜け出せずにいる人にとっても、グサッと胸に刺さる言葉ではないでしょうか。

 

同時に大好きな人との繋がりを手放すなんて、自分には出来ないかも知れないと嘆息するかも知れません。

 

何故かというと、もしこの関係を切ってしまったら

彼に嫌われるんじゃないか?

もう会ってくれなくなるんじゃないか?

 

失った時の恐怖の方が勝ってしまうからです。

 

今回相談をくれた彼女はこちらのタイプです。

関係を解消する勇気はないだろうと推察しました。(てか、ほとんどの人が当てはまってると思うケド)

 

この恐怖が捨てられない間は、今の関係を変えることは難しいかも知れません。

 

手放す強さとは、自分でやれるだけやってみて、それでもダメだった時は潔く身を引いてもいい!覚悟をするということです。

 

手放す覚悟をしたのに逆に復縁がうまくいくってどういうことなんだ?と信じられないかも知れませんが、本当なんですね。

 

内なるパワーが宿って復縁を引き寄せるんでしょうか。何かが変わるんです。

 

その波動が彼にも影響を与えるんですよね^ ^

 

手放せる強さの効果は絶大なのは間違いないのですが、今回の彼女には私は少し違った提案もしてみました。

 

  • “彼は以前と変わりなく優しく接してくれている”
  • “むしろ以前より言いたいことも言えて、恋人時代より仲良くなった気がする”

 

こんなことを話していたので、だったら何も復縁に固執することもないのでは?と伝えました。

 

彼にとってあなたの存在は、決してうっとうしいモノではなく、彼と彼女の枠を越えて大事に思える存在なんだよって諭すのもありかな?と思ったからです。

 

会わなくなったら、おそらく普通の精神状態ではいられないでしょう。

不安で毎日が辛くなるに決まってます。

 

それなら現状を受け入れてしまえばいいんです。

 

これも浅海さんのマニュアルから拾ってるんですけど「都合のいい関係?大いにけっこうじゃないか!今を堪能すればいいじゃん」っていう考え方です。

 

捉え方を転換したらずっと楽になれると思うのです。

 

「都合がいい関係」ってネーミングがすごく冷たいもののように聞こえますが、彼にとってはとっても良い関係だなって思っているから、話を聞いてくれたり、時に甘い言葉も囁いて大事にしてくれているんではないでしょうか?

 

彼も切り離すことは考えてない。でも恋愛は今はしたくない。

 

そのうえであなたとの関係も継続したいと思っているなら、そういう人を好きになったのだから受け入れてみるのも一つの選択肢でしょう。

 

彼女は汲み取ってくれたかなあ^^;

 

もうちょっとかみ砕いた説明してあげた方が良かったかなあ・・と思いこの記事を書きました。

 

私ってただのセフレ・・都合がいい女なんだわ・・なんて悲観的になるよりは、彼がそれをよしとするならば、あえて受け止め一緒に居る時間をenjoyする。

 

都合のいい関係と一括りに言っても、それぞれの付き合い方ってあると思うのです。

 

どのような選択をするのか?

その答えは自分で見つけてくださいね。

 

復縁でお悩みの方、ノンで良ければお話してみませんか?

メール相談はコチラから受け付けてます(⌒-⌒)/

 

 

杏と東出離婚!女は心の裏切りは許さない

杏と東出離婚!女は心の裏切りは許さない

感情的な裏切りとからだの裏切りどっちが傷つく?

 

残暑お見舞い申し上げます。

酷暑が続くし、テレビはコロナコロナで今年の夏は毎日辟易する日々を送っております。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

新型ウイルス感染は収束する気配すら見えませんが、芸能界では一応の決着をみたのが杏さんと東出さんですね。

 

ついに離婚されました。

渡部さんとこはなんとか持ちこたえていて対照的な印象です。

 

あれだけのことをやらかして小さい子供も居るのに慰謝料はなし。仕方ないかも知れませんが杏さんは懐が深いです。

 

夫がやらかした不貞行為についてはどちらも許しがたいものですが、女性側の心証としては、多数の女性と割り切った遊びをするよりも、たった一人の女性と何年も浮気する方が許せない人が多いみたいなんですね。

 

こちらの本、最近読んだのですが、その通りのことがしっかり書かれていました。

 

女と男 なぜわかりあえないのか (文春新書) [ 橘 玲 ]

 

この本によると、”感情的な裏切りと、からだの裏切りではどっちの方がより傷つくか?”と題して、興味深い調査結果を載せています。

 

その調査によると、約6割の男性が『からだの裏切りの方が許せない』つまり感情的な裏切りよりも他の男と体の関係を持った方が深く傷つくと答えました。

 

逆に女性は約8割が『感情的なつながりの方が深く傷つく』といった結果になったとあります。

 

男女では大きな性差があったのですね。

 

さて、この結果を踏まえ杏さんと東出さんの離婚、渡部さんの不倫騒動を比べてみると、なるほどなあと妙に納得してしまうんですよね。

 

ものすごく分かりやすいのは、不倫騒動後はじめて東出さんが単独で行った記者会見で、女性リポーターが放った強烈な質問です。

 

「杏さんと唐田さんのどちらが好きですか?」

 

この問いに対して発した東出さんの回答は「私の心の内を今ここでしゃべることは、妻を傷つけることになる・・」あの言葉の真意はなんだったのか?

 

 

本心は唐田さんが好きって意味だったのか?

たとえ浮気で付き合っただけだったとしても、ここで妻が好きだというのは川田さんに失礼だから・・だったのか?

 

本人にめちゃくちゃ聞いてみたいですが、どっちにしても十分妻は傷ついたよね^^;

やはり、感情的な繋がりがあったことは明確で、それは許しがたいことだったのではないでしょうか。

 

東出さんが離婚しないでやり直したいと願ったのは、杏さんのことが好きだから・・ではないように見られても仕方ない気がします。

 

子供に対する責任感とか世間体とかじゃないのかな?

あの会見を見て杏さん自身も痛感したと思うんですけどね。。

 

女性はこうなった時、メソメソするかと思いきや、不思議なパワーが湧いて出てくるんですよね。

 

「もういい!夫なんかあてにしないわ。家庭は私が一人で守る!」

子供が居るのもパワーの源になるはずです。

 

二人は離婚を報告する際”「今後は子供達の親として成長し、協力しあう関係を築いていきたいと思います」” とコメントしています。

 

「親として成長し」この一文がとても重要なメッセージが込められている気がします。

 

ネットニュースにも出ていましたが、杏さんは東出さんの今後の仕事のことを慮り、離婚発表の時期を選んだり、東出さんとの共演はNGにしないなど寛容な態度に終始しているようです。

 

今後は父として、子供に恥じない生き方をして欲しいってことでしょうか。

 

これによって杏さんの方も好感度アップ間違いなしで、お仕事もたくさん来るでしょう。

なんて賢い女性なんだ!?

 

いずれ子供は自分で真相を知ることになりますから、辛いこともあるでしょうが、その時こそ二人でしっかりサポートしてあげて欲しいです。

 

そのお姿を画面を通して私も楽しませてもらいます。