同じ別れるにしても、こんな場合は納得がいかないと

更に傷が深くなる失恋ってありますよね。

 

別れる時は他に好きな人なんて居ないよって言ってたくせに、

別れて2ヶ月も経たないのに新しい恋人?結婚ですって?

 

自分がフラれた立場だとして、こんなの不公平だって

思ってしまうことは身勝手でしょうか?

 

私はまだ立ち直っていないのに

そんな私を置いて あなただけ幸せになるの?

ズルイ!

 

怜子さんの気持ちわかるなあ。

恋愛小説『燃えつきるまで』

この小説のヒロインの怜子は5年付き合っていた恋人から

突然別れを告げられるのですが、2ヶ月後には元カレに新しい恋人が

居ることを知り、そのうえ海外旅行先で今カノの妊娠が発覚・・・

そして結婚するという事実を聞かされ冷静ではいられなくなりました。

 

「なぜ、私だけがこんなに苦しまなくてはいけないの?」

 

怜子はあまりのショックから感情と理性のコントロールを

失ってなってしまい、危険な領域へと足を踏み入れてしまうのです。

 

愛していたからこそ、相手の幸せを壊してしまいたい。

 

私は悪くないわ。私をココまで苦しめる

あなたたちが悪いのよ。

 

読んで行く中で自分が怜子に感情移入しているので

小説の中のヒロインが自分の代わりになって

“復讐”してくれることに、ある種の快感を覚えていました。

 

私もこわいかも^_^;

 

 

実際の復縁相談でもストーカーまでいかなくても

リストカットや精神安定剤に頼らなければいけないほど

自分を傷つけ心に傷を負ってしまった方が多く居ます。

 

なんて言葉を投げれば元気になってもらえるのかな?と

考えるんですが、結局のところ・・自分で立ち直って

もらうしかないんですね。

 

小説には必ず結末があり、ヒロインなりの解決策が用意されていて

そこで終わってしまうけど、実際は人によって時間がかかったり

うまくいかないかも知れないです。

 

でも、立ち直るきっかけって 日常の

ちょっとしたことだったりするんですよね。

 

ひと目をはばからず声をあげて泣きながら

歩いてる女の子を見た時だったり、

夕日が落ちていく海を眺めてる時だったり。

 

 

一瞬でストンと気持ちが切り替わる瞬間があるんです。

なんだ大したことないじゃん こんなこと。

 

もう許してあげよう。

受け止めるしかないんだわ。

 

 

彼と会ったことは間違いではなかった。

恋すべき人にちゃんと恋をした。

好きだったことを覚えていよう。

それだけはずっと忘れずにいよう。

 

こんな風に思えるようになればいいですね。

好きだなあ。この言葉。

 

 

本日も最後までお付き合いありがとう。

 

☆復縁魔法がいっぱい☆
この復縁マニュアルで本当の復縁方法を知りました。感謝です^ ^

 

 

読んだ記念にココをポチっと!

↓ブログランキングに参加しています。
 にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ