おそらく、ノンはあなたの唯一の理解者になれるかも知れないです。

世界がグローバル化して、たくさんの人と繋がり合うことが可能になったと言っても、復縁の相談を気軽にできる人なんて、そうそう居ません。(キッパリ!)

でね、そういう人を見つけたら、大事にしましょうねって話を今日はわざわざしたいのです。

私の無料相談は1回だけです。たった一度のチャンスをムダに使ってはいけませんよ。

 

無駄にするか、有意義に使うかはあなた次第です。

無駄にする典型的な人は「メールにおける基本的マナー(礼儀)」がきちんと出来てない人です。

 

相談が増えて来るにつれて、注意事項を読まずに、自分のことだけあれこれ言ってくる“自己中心的”な方がよく見受けられるようになってきました。

 

 

 

私は毎日メールをいただいていて、せっせとお返事を書いてるわけなんですが、

中には、これが社会人の書いた文章なんだろうか?と思うようなものがあります。

 

うちは20歳未満の方はお断りなので、大人が書いてるはずなんです。

 

ほとんどの方は”初めまして よろしくお願いします。”からはじまって、「ノンさんのブログ拝見し、ぜひ相談したいと思いました」

 

最後は、”長文お許しください。読んでいただきありがとうございました。”

“お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします”

というあいさつ文で締めくくられています。

 

これ、面識のない人に対して、初めて送るメールであれば一般常識だと思うのです。

 

一筆あるのとないのと、受け取った方はどちらが印象が良いでしょうか?

ブログの感想とか書いてあったりしたら、やっぱ嬉しいし、力になってあげたいって心から思うのが人情ってもんじゃないでしょうか?

(ここは強調しておきます(笑))

 

しかしながら、いろんな”ナイナイ尽くし”のメールを前に「はぁ。。」とため息をついてしまうことは少なくありません。

まず、

句読点がない、改行がない、必要事項をきちんと書いてない、

質問を一度にたくさん書いて来る人も困りものですが、よく分からないのは ”自分がどうしたいのか、これまではどうだったのか?”相談内容を詳しく書いてない人がなぜか1番多いです。

 

こちらが気を回して、あれこれや、かまってくれるものだと思っているのでしょうか?

 

メールの向こうにいるのは会ったこともない人なのにね^ ^;

 

相談相手にきちんと自分のことを伝えられなくて、

肝心の復縁したい相手に、気持ちをちゃんと伝えられるのかい?

 

マナーがなってないから返事をしないとか 私はそんなことはしません。

ですが、そういう方は損をしていますよ。

 

復縁したい相手には、これからあなたは一生懸命、愛を与えようとするでしょう。

 

では、それを他人にはしないのでしょうか?

愛は多くの人に振りまいた方が絶対得をします。

 

あなたがもし復縁したい人がいるのであれば

メールやlineは強力な武器になります。

 

その武器は言葉です。

相性が良いのは「想像力と思いやり」です。

 

言葉はどんなにたくさん使っても、減ることはないのですから どんどん使って仲良くなった方がお得なのです。

 

皆さまからの愛のあるメールをお待ちしています^ ^

受付には人数制限があります。次回の受け付け予定日時はカウンターで確認いただけます。

 

復縁相談は1回無料でできます こちらをクリックしてください。